LPガスと火気との距離、酸素と火気との距離について教えて下さい。

LPガスは条件により、液石法によって規制される場合と、高圧ガス保安法によって規制される場合とで火気との距離が異なります。

今回、高圧ガス保安法により規制される部分に関しては、消費の基準のみについてご説明致します。
高圧ガスの製造及び貯蔵に関しては今回の内容に含まれません。

ここでの火気とは、タバコの火やストーブの火などの裸火、または電気スイッチの火花(スパーク)などを指します。

①LPガス(一般家庭、業務用でのガス使用)の場合

◎該当する法律:液石法
一般家庭や飲食店などは多くの場合、貯蔵量が1000kg未満の場合が多いですから、火気との距離は2mを超えて(2mでは×)取るようにする必要があります。容器設置場所から、

貯蔵量 基準値
1000kg未満 2m超
1,000kg以上3000kg未満 5m以上
3,000kg以上10,000kg未満 8m以上

②LPガス(工業用でのガス使用)及び酸素の場合

◎該当する法律:高圧ガス保安法
消費に使用する設備から、5m超

「高圧ガス」についてよくあるご質問

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。