アルゴンを7m³容器で使用しているのですが、設置等どのような基準がありますか?

アルゴン等不活性ガスを容器(合計300m3未満)でご使用される場合は以下の点にご注意下さい。

設置場所

風通しの良い場所に設置して下さい。

充填容器の腐食防止措置

湿気の高い場所、常に水滴のかかる場所には置かないで下さい。

充填容器の温度上昇防止措置

容器を40℃以下に保つように、直射日光を当てないようにして下さい。屋根を設ける場合には、軽量で不燃性のものにして下さい。

充填容器の転落・転倒防止措置

立てて置く場合はチェーン等で壁に固定し、転倒しないようにして下さい。

バルブ等の損傷防止措置

保護キャップを確実に取り付けて、落雪等の可能性がある場所には置かないで下さい。

 

以下の2点は、不活性ガスでは法的に規定されていませんが、より安全にご使用いただくための注意点です。

バルブの開閉

・静かに開閉して下さい。急に開くと断熱圧縮が起こり、1,000℃以上の高温になることもあります。

日常点検

・使用開始時、終了時及びその他に1日1回以上の設備の点検をして下さい。

「高圧ガス」についてよくあるご質問

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。