溶接作業中、ガスボンベにHハンドルを付けたままにする必要がありますか?

溶接作業中は、酸素やアルゴンなどのガスボンベを開けた状態でHハンドル(コックを回すための四角い穴のソケット状の物)を付けたままにしておかなければいけない、というような事が法律上で決まっているのですか?

「容器バルブのハンドルは溶接・切断作業中バルブに付けておいて下さい」
これについては、高圧ガス保安法及び労働安全衛生法上での規程はありません。
しかし、溶接作業者の方が受ける「高圧ガス消費者保安講習テキスト」にも記載がありますように、溶接作業中にホースに発火する等の緊急時に速やかに容器バルブを閉止できるよう、推奨指導しております。


高圧ガス消費者保安講習テキストより抜粋

「高圧ガス」についてよくあるご質問

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。