しあわせレシピ

毎日のおかずに、特別な日のお料理に
イベントでの一品に。
おかずとスイーツのレシピをお届けします

カテゴリ : スイーツ

甘栗のパンケーキ

2020.09.20更新 - カテゴリ[]

甘栗のパンケーキ

材料 (3~4人分)

<甘栗クリーム>
・甘栗…100g
・砂糖…15g
・生クリーム…150g

<パンケーキ生地>
・甘栗…120g
・プレーンヨーグルト…200g
・卵…2個
・牛乳…50g
・砂糖…15g
・塩…ひとつまみ
・薄力粉…120g
・ベーキングパウダー…5g
・溶かしバター…10g
・メープルシロップ…適量

作り方

<甘栗クリーム>
1、フードプロセッサーに甘栗、砂糖、生クリームを入れペースト状にします。

<パンケーキ生地>
1、フードプロセッサーに甘栗、プレーンヨーグルトを入れペースト状にします。
2、ボウルに卵、牛乳、砂糖、塩を入れ泡だて器で混ぜ合わせ、1も加えます。
3、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、2に加えます。粉気が残る程度に混ぜ合わせたら、溶かしバターも加え混ぜます。
4、フライパンを弱火で温め、サラダ油(分量外)を薄く広げ生地を流します。蓋をして2~3分蒸し焼きにし、表面にプツプツと気泡が出てきたらひっくり返します。
5、蓋をせずに2~3分焼き、きつね色になったら皿に移します。
6、パンケーキの上に甘栗クリームとメープルシロップをトッピングして完成です。

ブルーベリーのヨーグルトバーク

2020.07.20更新 - カテゴリ[]

ブルーベリーのヨーグルトバーク

材料 (2~3人分)

・ヨーグルト…400g
・ブルーベリー…50g
・グラニュー糖…10g

<トッピング>
・ブルーベリー…50g
・チョコサンドクッキー…5枚

作り方

1、ボウルにザルを載せてキッチンペーパーを敷き、ヨーグルトを入れてラップをし、冷蔵庫で2時間水切りをします。
2、ブルーベリーをミキサーでピューレ状にします。グラニュー糖と1を加え、かき混ぜます。
3、タッパーにクッキングシートを敷き、2を流します。トッピング用のブルーベリーと、チョコサンドクッキーを手で割って載せ、さらに冷凍庫で2~3時間冷やし固めます。

4、型から外し、手で割って盛り付けたら完成です。

抹茶とベリーのパルフェ

2020.05.20更新 - カテゴリ[]

抹茶とベリーのパルフェ

材料

(直径15cm、底の取れる型1台分)
<土台>
・市販のビスケット…約50g
・バター…15g

<パルフェ>
・アーモンド…30g
・ホワイトチョコ…50g
・抹茶パウダー…5g
・砂糖…25g
・生クリーム…50cc
・ゼラチンパウダー…5g
(ふやかす必要の無いタイプ)
・生クリーム…150cc
・冷凍ミックスベリー…100g
(苺、ラズベリー、ブルーベリー、  ブラックベリー等)

<ソース>
・冷凍ミックスベリー…100g
・砂糖…12g

作り方

<土台>
1、型の底面に、同じ大きさにカットしたクッキングシートを敷きます。ビスケットを袋に入れ、めんぼうで細かく砕きます。溶かしたバターと混ぜ合わせ、型に敷き詰め押します。

<パルフェ>
2、アーモンドとホワイトチョコを包丁で刻みます。
3、抹茶パウダーと砂糖を混ぜ、水大さじ1を入れ、よく練り混ぜます。
4、生クリーム(50cc)を沸騰直前まで温め、そこにゼラチンパウダーを入れ、よく混ぜます。3に少しずつ入れて、よく混ぜ合わせます。
5、生クリーム(150cc)を8分立てにし、2と4、ミックスベリーを合わせます。1の型に、隙間ができないように入れます。冷凍庫で2時間冷やします。

<ソース>
6、ミックスベリーを電子レンジで解凍し、鍋で砂糖と煮ます。木べらで果実を軽くつぶします。

<仕上げ>
7、5を型から外します。外しにくい場合は、コンロなどで側面を軽く温めます。
(温め過ぎると溶けてしまうので注意してください。)
8、好みの大きさにカットし、お皿に盛りソースをかけて完成です。

いちごゼリーと杏仁プリン

2020.03.24更新 - カテゴリ[]

いちごゼリーと杏仁プリン

材料 (4個分)

(杏仁プリン)
・生クリーム…200g
・牛乳…115g
・砂糖…45g
・粉ゼラチン(ふやかす必要の無いタイプ)…4g
・アーモンドオイル…4g
・アマレット(あれば)…少々
※アーモンドのお酒

(いちごゼリー)
・いちご…15粒
・水…200g
・砂糖…20g
・粉ゼラチン…4g
・レモン汁…小さじ1/2

作り方

(杏仁プリン)
1、生クリーム、牛乳、砂糖を鍋に入れて火にかけます。沸騰直前で火を止め、粉ゼラチンを入れてよく混ぜます。
2、ゼラチンが溶け混ざったらボウルに移し、氷水にあてて冷まします。
3、粗熱が取れたらアーモンドオイルとアマレットを加え、器に半分まで流し入れます。冷蔵庫で1時間冷やし固めます。

(いちごゼリー)
1、いちごは洗ってヘタを取り、4等分に切ってボウルに入れてフォークで潰します。
2、水、砂糖を鍋に入れて火にかけます。沸騰直前で火を止め、粉ゼラチンを入れてよく混ぜます。
3、ゼラチンが溶け混ざったら、1のボウルに入れて、氷水にあてて冷まします。
4、冷えたらレモン汁を加え、しっかりと冷え固まった杏仁プリンの上に流します。冷蔵庫で2時間以上冷やし固めます。
5、しっかり冷え固まったら、ゼリーの上にお好みにカットしたいちごを飾ります。

米粉マフィン

2019.12.05更新 - カテゴリ[]

米粉マフィン

材料

<4個分>
【A】
・米粉・・・100g
・メープルシュガー・・・60g
・ベーキングパウダー・・・小さじ1
・ココアパウダー・・・10g

【B】
・サラダ油・・・40g
・豆乳・・・80g

作り方

1、【A】の粉類をふるってボウルに入れ、ホイッパーで均一になるように混ぜておきます。

2、【B】の材料を別のボウルにいれ、ホイッパーでしっかり混ぜ合わせます。油が分離しなくなるまで混ぜたら、1のボウルに入れ、混ぜ合わせます。

3、型の7分目まで生地を入れ、160℃に予熱したオーブンで、約25分焼きます。
(竹串をさして生地がくっついてこなければ焼き上がりです。)

かぼちゃのモンブラン

2019.09.26更新 - カテゴリ[]

かぼちゃのモンブラン

材料(10~12個分)

<かぼちゃクリーム>
・かぼちゃ(正味)…150g
・無塩バター…20g
・砂糖…25g
・生クリーム…15g
・はちみつ…15g
・生クリーム…100g
・砂糖…10g

・市販のチョコチップクッキー…10~12枚
・粉糖…適量

作り方

1、かぼちゃは適当な大きさに切り、皮つきのまま電子レンジに入れ、600Wで5分温めて柔らかくします。

2、竹串がすっと通るまで柔らかくなったら、熱い状態のまま、皮を薄く剥きます。

3、2のかぼちゃと、かぼちゃクリームの材料を、フードプロセッサーでまわします。フードプロセッサーが無い場合は、かぼちゃを裏ごし、かぼちゃクリームの材料と合わせ、ボウルでよく混ぜます。

4、絞り袋に星口金をセットし、3のかぼちゃクリームを詰めます。

5、生クリームと砂糖をボウルに入れ、9分立てにします。(ホイップクリームでも可)絞り袋に丸口金をセットし、クリームを詰めます。

6、チョコチップクッキーの上に、5の生クリーム写真のように絞ります。

 

 

7、4のかぼちゃクリームを、6の生クリームのまわりにくっつけるようにして絞ります。上から茶こしで粉糖をふるって、完成です。

生姜のトロトロ豆乳プリン

2018.12.21更新 - カテゴリ[]

生姜のトロトロ豆乳プリン

材料

<プリンカップ4個分>
・豆乳…400cc
・砂糖…50g
・卵白…2個分
・生姜(すりおろし)…大さじ1強

作り方

1、ボウルに、卵白と砂糖を入れてすり混ぜます。
2、1のボウルに、豆乳と生姜を加えて混ぜ合わせたら、ザルでこして、器に4等分して注ぎ入れます。
3、蒸し器に並べて、12~13分弱火で蒸します。
4、冷蔵庫で冷やして、とろみが出たら完成です。

☆生の生姜には、「ジンゲロール」という成分が含まれています。これは、血管を拡張させ血流を良くする成分です。生姜に熱を加えるとジンゲロールが「ショウガオール」に変化します。ショウガオールは体の芯からあたためる作用があります。

アップルパイ風ホットサンド

2018.10.10更新 - カテゴリ[]

アップルパイ風ホットサンド

材料

<2人分>

・食パン…2枚
・バター…少量
・サラダ油…適量
【A】
・リンゴ…1/2個
・レーズン…大さじ1
・砂糖…大さじ1
・レモン汁…大さじ1/2
・水…100cc
・シナモン…少々

作り方

1、リンゴを5mm角の角切りにします。
2、小鍋に、Aの材料を入れ、弱火にかけ、水分がなくなってきたら火を止めます。
3、2枚の食パンの内側になるほうにバターを塗り、2をのせて残りの1枚の食パンではさみます。
4、フライパンにサラダ油を弱火で熱し、3を置いて、フライ返しや鍋のフタなどで、軽く押しながら両面がこんがりきつね色になるまで焼き、半分に切って器に盛ります。

スイカとおから白玉のマチェドニア

2018.08.23更新 - カテゴリ[]

スイカとおから白玉のマチェドニア

材料

<4人分>

・スイカ…1/8個
・オレンジ…1個
・キウイフルーツ…1個
【おから白玉】
・おから…50g(炒る前の状態で)
・白玉粉…50g
・砂糖…小さじ1
・水…55cc
【シロップ】
・砂糖…50g
・水…60cc
・レモン汁…大さじ1
 

作り方

【シロップ】
・小鍋にシロップの材料をすべて入れ中火にかけて、砂糖がとけて沸騰したら火を止め冷ましておきます。

【フルーツ】
1、スプーンでスイカを丸い形にくり抜き、オレンジとキウイフルーツは食べやすい大きさにカットしてボウルに入れます。
2、1にシロップを合わせて冷蔵庫で冷やします。

【おから白玉】
1、フライパンでおからを中火でから炒りします。木ベラで混ぜながら、軽く色づいて水分が飛んだらバットに移してあら熱を取ります。
2、1のおからと白玉粉、砂糖をボウルに入れて、水を少しずつ加え、耳たぶ位の柔らかさになったら、16等分にして丸めます。
3、鍋にたっぷりの湯を沸かして、2を入れて3分程茹でたら、冷水にとって冷まします。

最後に、【フルーツ】と【おから白玉】を合わせて、器に4等分に盛り付けて完成です。

美肌スムージー

2018.06.25更新 - カテゴリ[]

美肌スムージー

スムージーをおいしく飲むためのポイント

・ひと口大の大きさに切り、『水分の多いもの→柔らかいもの→固いもの→葉物』の順番でミキサーに入れると作りやすい。
・果物と野菜は、果物6:野菜4の割合にすると初めて飲む方でも飲みやすい。慣れてきたら、野菜の割合を増やしていくのがおすすめ。
・使うフルーツは、完熟のものの方が消化が良く味も美味しい。
・入れる野菜はいつも同じものではなく、色々な種類のものを摂りましょう。味の幅も広がり、色々な栄養素が摂れる。また、緑の野菜に含まれる微量のアルカロイドの蓄積防止にもなる。
・より効率的にスムージーを飲むには、前後30分程あけて飲むと消化が良くなり、より多くの栄養を摂取することができる。
・カブなどの根菜類や豆類などのでんぷん質の野菜とフルーツは、食べ合わせがあまり良くなく、腸内でガスが発生しやすくなるため、健康のために飲むときは入れないほうが好ましい。ナッツ類も消化に時間がかかるため、あまりおすすめしない。

材料

<コップ1杯分>
・いちご・・・5個
・トマト・・・1個
・ラズベリー・・・1/4カップ(冷凍のものでもOK)
・水・・・お好みで

いちごは豊富なビタミンCを含み、肌の生まれ変わりをサポートします。
ラズベリーに含まれるエラブ酸には、美白効果があります。