しあわせレシピ

毎日のおかずに、特別な日のお料理に
イベントでの一品に。
おかずとスイーツのレシピをお届けします

カテゴリー : その他

ほうれん草のチヂミ

2018.10.23更新 - カテゴリ[]

ほうれん草のチヂミ

材料

・ほうれん草…1/2束
・パプリカ(赤)…1/2個
・長ネギ…1/2本
・豚肉…250g
・ごま油…適量
【生地】
・薄力粉…240g
・片栗粉…60g
・鶏ガラスープの素…小さじ2
・水…1カップ
・卵…2個
【つけダレ】

・マヨネーズ…大さじ4
・味噌…大さじ1
・豆板醤…小さじ1

・醤油…大さじ3
・砂糖…大さじ1
・酢…大さじ1/2
・ごま油…大さじ1
・豆板醤…小さじ1

準備

・ほうれん草はサッと茹で、水気を切って3cm幅に切ります。
・パプリカは1cm角に切り、長ネギは薄く斜め切りにします。

作り方

1、【つけダレ】の材料A・Bをそれぞれに混ぜ合わせ、タレを2種類作ります。

2、【生地】の材料をボウルに入れ、混ぜます。

3、2にほうれん草、パプリカ、長ネギ、豚肉を入れ、生地と具材がしっかりと絡むように混ぜます。

4、熱したフライパンにごま油をひき、生地を流し入れてフタをし、4分程度蒸し焼きにします。(なるべく薄めに伸ばしてください。)

5、焦げ目がついたら、ひっくり返して4分程度焼きます。

6、焼きあがったら、食べやすいサイズに切って完成です。(熱いので火傷に注意してください。)

二日酔い解消スムージー

2016.07.05更新 - カテゴリ[]

二日酔い解消スムージー

材料

<コップ1杯分>
・水菜・・・1株
・グレープフルーツ・・・1/2個
・パイナップル・・・1/2カップ
・ミント・・・ひとつかみ弱

水菜には細胞を修復、浄血作用があり、二日酔いや悪酔いに効果があります。
グレープフルーツに含まれる果糖のフルクトース、パイナップルにはアルコールを分解する作用があります。
ミントのさわやかな香りで気分もすっきり。

作り方

1、材料をひと口大の大きさに切ります。

2、グレープフルーツ→パイナップル→水菜→ミントの順番で材料をミキサーに入れます。
☆『水分の多いもの→柔らかいもの→固いもの→葉物』の順番でミキサーに入れると作りやすいです。

アジのピリ辛南蛮焼き

2016.05.06更新 - カテゴリ[]

アジのピリ辛南蛮焼き

材料(約3人分)

・アジ(3枚おろし)・・・3尾
・長ねぎ・・・8cm
・片栗粉・・・少々
【A】
・酒・・・大さじ2
・みりん・・・小さじ4
・砂糖・・・小さじ4
・しょうゆ・・・大さじ2
・酢・・・大さじ3
・生姜・・・小さじ1
・豆板醤・・・小さじ1~2

準備

・アジはキッチンペーパーで軽く水気を拭き取り、片栗粉を入れた袋に入れ、軽く振って薄く衣をつける。
・長ねぎを半分に切り、半分は千切りし水にさらし、もう半分はみじん切りにする。
・【A】の材料を全てボウルに入れて、混ぜ合わせる。

作り方

1、フライパンに油(分量外)を多めにひき、温まったら片栗粉をつけたアジを皮側を下にして焼きます。焼色がついたら弱火にし、ひっくり返してふたをし、5分蒸し焼きにします。

2、混ぜ合わせておいた【A】にみじん切りにした長ねぎを加え、1に入れて強火で煮からめ、煮汁が少し残る程度で火を止めます。

3、2をお皿に盛り、千切りした長ねぎを飾って完成です。

手作りこんにゃく

2015.05.11更新 - カテゴリ[]

手作りこんにゃく

今回は、ミキサーを使用する作り方をご紹介します。

材料

・こんにゃく芋・・・1㎏
・凝固剤(貝殻焼成カルシウムまたは水酸化カルシウム)・・・8g(ネットか薬局にて購入できます。)

*必要な道具*
・ゴム手袋
・たわし(小さいサイズのものが使いやすいです。)
・ピーラー
・包丁・まな板
・ミキサー
・ボウル(大きいものと小さいものをご用意ください)
・泡だて器
・計量カップ
・大きめの鍋
・バット

作り方

1、※必ず、ゴム手袋をしてください。こんにゃく芋をたわしでよく洗います。皮むきはしなくてもよいです。(皮を残すと黒いこんにゃくに、皮をむくと白いこんにゃくになります。)その後、一口大くらいに切ります。

2、50℃のお湯を3,300cc(お湯は、こんにゃく芋の約3.3倍の量)用意し、ミキサーに適量の芋とひたひたになる量のお湯(ミキサーに約1/3の量)を入れ、約1分間ミキサーにかけます。かけ終わったものは大き目のボウルに入れます。※お湯は、3,300cc使い切ってください。

3、2を泡だて器で再度全体を攪拌し、そのまま40分間置きます。その後、糸が引き、光沢が出るまで10分ほど手で力強く練っていきます。

 

 

4、小さめのボウルに200ccの水を入れ、8gの凝固剤を溶きます。それを③の中に一気に入れ、素早く混ぜながら全体が均一にのり状になるまでよく練りこみます。できたらバットに移し、空気を抜くように手で強く押さえるように平らにします。仕上げに手に水をつけて撫でると表面がなめらかになります。できたら約20分置き、バットからまな板に移し適当な大きさに切ります。鍋にお湯を沸かし、沸騰したお湯の中に入れ40分ほど茹でます。

5、茹であがったら火を止め、しばらく置いておくとこんにゃくが熟成して弾力が出ておいしくなります。

 

◆保存方法
茹でた水に浸した状態で冷蔵庫に入れておくと、10日間保存可能です。

ストレス対策スムージー

2015.03.18更新 - カテゴリ[]

ストレス対策スムージー

スムージーをおいしく飲むためのポイント

・ひと口大の大きさに切り、『水分の多いもの→柔らかいもの→固いもの→葉物』の順番でミキサーに入れると作りやすい。
・果物と野菜は、果物6:野菜4の割合にすると初めて飲む方でも飲みやすい。慣れてきたら、野菜の割合を増やしていくのがおすすめ。
・使うフルーツは、完熟のものの方が消化が良く味も美味しい。
・入れる野菜はいつも同じものではなく、色々な種類のものを摂りましょう。味の幅も広がり、色々な栄養素が摂れる。また、緑の野菜に含まれる微量のアルカロイドの蓄積防止にもなる。
・より効率的にスムージーを飲むには、前後30分程あけて飲むと消化が良くなり、より多くの栄養を摂取することができる。
・カブなどの根菜類や豆類などのでんぷん質の野菜とフルーツは、食べ合わせがあまり良くなく、腸内でガスが発生しやすくなるため、健康のために飲むときは入れないほうが好ましい。ナッツ類も消化に時間がかかるため、あまりおすすめしない。

材料

<コップ1杯分>
・小松菜・・・1株
・キウイ・・・1/2個
・いちご・・・3個
・りんご・・・1/4個
・バナナ・・・1/2本

小松菜は、カルシウム、鉄、カリウムなどのミネラルが豊富。
ビタミンCも多く含み、美容にも効果的です。
バナナには、精神を安定させ睡眠効果のあるセロトニンの材料となるトリプトファンが豊富に含まれています。また、カリウム、マグネシウム、ポリフェノールも豊富です。
キウイは、ビタミンCが豊富。
りんごには、皮に特に多く含まれるポリフェノールが強い抗酸化力を持ち、活性酸素除去、血流改善、口臭予防、美白効果があります。
ストレス対策には、リラックス効果のあるセロリもおすすめ。

手作りお味噌

2014.12.11更新 - カテゴリ[]

手作りお味噌

材料

・大豆(乾燥)・・・500g
・生米麹・・・1㎏
・塩・・・250g
・焼酎、または、ホワイトリカー・・・適量

・味噌を入れる容器・・・1個
*不透明なものをご用意ください。
今回は、容量3.5リットル容器を使用しました。

作り方

1、大豆を軽く洗い、大きめのボウルに入れます。たっぷりの水を加えて、一晩浸します。

miso9.jpg2、1をざるにあげ、鍋に移します。大豆がひたひたになるくらいまで水を加えて、弱火で3~4時間煮ます。
*圧力鍋の場合は、20~30分加圧して煮ます。

3、2が親指と小指でつまんでつぶれるくらいの柔らかさになったらざるにあげ、ゆで汁と大豆に分けます。
大豆は、ひと肌になるくらいまで冷まします。
*ゆで汁は、型さ調整に使うため、捨てないでください。

miso5.jpg4、厚めのビニール袋、または、ビニール袋を2枚重ねにしたものの中に3の大豆を入れ、手でしっかりつぶします。

 

 

5、きれいに清掃し、焼酎、または、ホワイトリカーを霧吹きし消毒した台に4を出します。
ひとまとめにし、ゆで汁を加えながら固さを調節します。
目安は、耳たぶくらいの固さです。

miso7.jpg6、麹をボウルに入れ、塊がある場合はほぐしておきます。
そこへ、塩を加えてまんべんなく混ぜます。

 

 

miso3.jpgmiso4.jpg7、5を台の上で丸く土手を作り、中央に6を入れてムラなく混ぜます。

 

miso2.jpg8、適量を手に取り、空気を抜くように丸めて「味噌玉」を作ります。

 

 

 

miso1.jpg9、容器の内側に焼酎、または、ホワイトリカーを霧吹きし、消毒します。
そこへ、手で押さえて空気を抜きながら入れます。

10、全部入れ終わったら、表面を平らにならします。

miso10.jpg11、10の表面に焼酎、または、ホワイトリカーを霧吹きして消毒し、ラップでぴったり覆います。
できるだけ空気が入らないように、ぴったりとラップしてください。

12、ふたをして、温度変化の少ない冷暗所で発酵・熟成させます(6ヶ月間)。

発酵・熟成時の保管方法

お味噌を仕込んだ日から1ヶ月は、絶対にふたを開けないでください。
これは、麹菌をまんべんなく素材にいきわたらせるためです。途中で開けると、うまくできない可能性があります。
仕込み日から1か月後にふたを開けてみて、カビのチェックを行います。
白いカビは問題ありませんが、『赤・黒・緑・青』といった色のカビは除去する必要があります。カビの生えている部分だけラップを開け、スプーン等でカビを取ります。
焼酎、または、ホワイトリカーで消毒をしてから、空気が入らないようにラップを戻します。
これを1か月ごとに行い、6か月後に味見をしてみます。お好みの味になっていたら保管場所を冷蔵庫に移し、手作りお味噌をお楽しみください。

タルタルソース

2014.02.12更新 - カテゴリ[]

タルタルソース

材料

【作り置き】甘酢・・・150cc
・きゅうり・・・1本
・玉ねぎ・・・1/2個
・ゆで卵・・・1個
・マヨネーズ・・・大さじ3
・塩/こしょう・・・少々

作り方

1.きゅうりをひと口大に切っておきます。
2.【作り置き】甘酢に、きゅうりと玉ねぎをつけて半日以上置きます。(3日以上置いたほうが美味しい)
3.みじん切りにした2を大さじ2、刻んだゆで卵とマヨネーズ、塩こしょうを混ぜ合わせてできあがりです。

ピクルス

2014.02.12更新 - カテゴリ[]

ピクルス

材料

【作り置き】甘酢・・・50cc
・水・・・50cc
・型抜きした大根・・・30g
・型抜きしたにんじん・・・30g

作り方

1.【作り置き】甘酢と水を合わせ、好みの形に抜いた大根とにんじんを漬けます。一晩おけば、できあがりです。

【作り置き調味料】甘酢

2014.02.12更新 - カテゴリ[]

【作り置き調味料】甘酢

材料

<作りやすい分量>
・酢 カップ1/2
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1

作り方

1.材料をすべて鍋に入れて温め、混ぜて砂糖と塩が溶けたら完成です。

(注意)
冷めてから容器に移しましょう。
使う鍋は、ホウロウなど酸に強いものを使います。

保存期間

保存ビンなどに入れて冷蔵庫で保存すれば、約1ヶ月程度保存可能です。

活用レシピ

ピクルスや和え物、すし酢、ドレッシングにも使えます。

チャプチェ

2013.04.08更新 - カテゴリ[]

チャプチェ

材料(約4人分)

・春雨・・・60g
・玉ねぎ・・・1/4個
・にんじん・・・1/4本
・にら・・・1/2束
・たけのこの水煮・・・1/2個
・牛肉のこま切れ・・・180g

【A】
・しょうゆ・・・小さじ3
・酒・・・小さじ3
・砂糖・・・小さじ1と1/2
・にんにくみじん切り・・・1片分

【B】
・しょうゆ・・・大さじ6
・酒・・・大さじ3
・砂糖・・・大さじ2と1/2
・コチュジャン・・・小さじ3
・塩・・・ひとつまみ

準備

・春雨は、表示とおりにゆで、食べやすい長さに切っておきます。
・玉ねぎは薄くスライスします。
・にんじんとたけのこは短冊切りに、にらは他の野菜と同じくらいの大きさになるように切ります。
・牛肉は食べやすい大きさに切り、【A】と一緒に袋に入れもみ込み、下味をつけます。
・【B】の材料を小さなボウルに入れ、混ぜ合わせておきます。

作り方

1、フライパンを火にかけ、温まったらサラダ油(分量外)を入れて牛肉を炒めます。

2、牛肉の色が変わったら、玉ねぎとにんじんを入れ炒めます。焼き色がついてきたら、にらとたけのこを加えて再度炒めます。

3、春雨を加えてさっと炒め、準備しておいた【B】を回し入れて汁気がなくなるまで炒めます。