しあわせレシピ

毎日のおかずに、特別な日のお料理に
イベントでの一品に。
おかずとスイーツのレシピをお届けします

きつね丼

2018.11.07更新 - カテゴリ[]

きつね丼

 

材料(4人分)

・あぶら揚げ・・・4枚
・青ねぎ・・・1/2束
・卵・・・4個
・ごはん・・・丼ぶり1杯ずつ
【A】
・だし汁・・・2カップ
・しょうゆ・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ2
・砂糖・・・大さじ1
・塩・・・少々

作り方

1、あぶら揚げは茹でて油抜きをし、1cm幅の短冊に切ります。青ねぎは4cm程の長さに切っておきます。
2、鍋に【A】の調味料をすべて入れて煮立ったら、油揚げを入れて中火で5分間、味を煮含ませます。
3、青ねぎを入れてひと煮立ちしたら、ときほぐした卵を回し入れます。
4、フタをし弱火にして卵が半熟状になったら、どんぶりによそったご飯の上に乗せて完成です。

ほうれん草のチヂミ

2018.10.23更新 - カテゴリ[]

ほうれん草のチヂミ

材料

・ほうれん草…1/2束
・パプリカ(赤)…1/2個
・長ネギ…1/2本
・豚肉…250g
・ごま油…適量
【生地】
・薄力粉…240g
・片栗粉…60g
・鶏ガラスープの素…小さじ2
・水…1カップ
・卵…2個
【つけダレ】

・マヨネーズ…大さじ4
・味噌…大さじ1
・豆板醤…小さじ1

・醤油…大さじ3
・砂糖…大さじ1
・酢…大さじ1/2
・ごま油…大さじ1
・豆板醤…小さじ1

準備

・ほうれん草はサッと茹で、水気を切って3cm幅に切ります。
・パプリカは1cm角に切り、長ネギは薄く斜め切りにします。

作り方

1、【つけダレ】の材料A・Bをそれぞれに混ぜ合わせ、タレを2種類作ります。

2、【生地】の材料をボウルに入れ、混ぜます。

3、2にほうれん草、パプリカ、長ネギ、豚肉を入れ、生地と具材がしっかりと絡むように混ぜます。

4、熱したフライパンにごま油をひき、生地を流し入れてフタをし、4分程度蒸し焼きにします。(なるべく薄めに伸ばしてください。)

5、焦げ目がついたら、ひっくり返して4分程度焼きます。

6、焼きあがったら、食べやすいサイズに切って完成です。(熱いので火傷に注意してください。)

アップルパイ風ホットサンド

2018.10.10更新 - カテゴリ[]

アップルパイ風ホットサンド

材料

<2人分>

・食パン…2枚
・バター…少量
・サラダ油…適量
【A】
・リンゴ…1/2個
・レーズン…大さじ1
・砂糖…大さじ1
・レモン汁…大さじ1/2
・水…100cc
・シナモン…少々

作り方

1、リンゴを5mm角の角切りにします。
2、小鍋に、Aの材料を入れ、弱火にかけ、水分がなくなってきたら火を止めます。
3、2枚の食パンの内側になるほうにバターを塗り、2をのせて残りの1枚の食パンではさみます。
4、フライパンにサラダ油を弱火で熱し、3を置いて、フライ返しや鍋のフタなどで、軽く押しながら両面がこんがりきつね色になるまで焼き、半分に切って器に盛ります。

かぼちゃとミートソースのグラタン

2018.09.21更新 - カテゴリ[]

かぼちゃとミートソースのグラタン

材料(4人分)

・かぼちゃ・・1/4個
・合挽き肉・・・150g
・たまねぎ・・・1個
・トマト水煮缶・・・400g
・塩・・・小さじ1/4
・こしょう・・・少々
・サラダ油・・・大さじ1
・ドミグラスソース・・・大さじ3
・ピザ用チーズ・・・お好みの量

作り方

1、かぼちゃを1cmの厚さのくし切りにして、耐熱皿に並べて、電子レンジで約5分加熱します。
2、たまねぎをみじんぎりにします。
3、鍋にサラダ油を熱して、ひき肉を炒め、ひき肉の色が変わったら、たまねぎを入れ炒めます。
4、たまねぎの色が変わったら、トマトの水煮を加え塩こしょうを入れます。木べらでつぶしながら約10分煮て、ドミグラスソースを加えます。
5、1のかぼちゃに4のミートソースをかけ、チーズをのせます。200度に温めたオーブンで、焼き色が付くまで約12~13分ほど焼きます。

きのこのキッシュ

2018.09.13更新 - カテゴリ[]

きのこのキッシュ

直径22cm タルト型1台分の材料です☆

 

材料(4人分)

・パイシート生地・・・2枚
・しいたけ・・・4枚
・しめじ・・・1パック
・たまねぎ・・・1/2個
・グリンピース・・・1/4カップ
・ベーコン・・・4枚
・油・・・大さじ1
・ピザ用チーズ・・・50g
【A】
・生クリーム・・・100cc
・牛乳・・・大さじ1
・顆粒ブイヨン・・・小さじ2
・卵・・・4個
・塩・・・少々
・こしょう・・・少々

作り方

1、パイシート生地を常温に置いて解凍し、2枚重ねて型よりひとまわり大きく伸ばします。型に敷き込み、フォークで底面に穴をあけます。
2、1にクッキングシートをのせ、小豆などの重しをして、180度に余熱したオーブンで20分ほど空焼きします。
3、フライパンに油を熱して、玉ねぎとベーコンを炒め、きのこを加えて火を通します。
4、ボウルにAを入れて混ぜ、3を加え、2のパイ生地に流し入れます。
5、チーズをのせて、180度に余熱したオーブンで、表面がきつね色になるまで25分ほど焼きます。
6、あら熱がとれたら、8等分に切ります。

スイカとおから白玉のマチェドニア

2018.08.23更新 - カテゴリ[]

スイカとおから白玉のマチェドニア

材料

<4人分>

・スイカ…1/8個
・オレンジ…1個
・キウイフルーツ…1個
【おから白玉】
・おから…50g(炒る前の状態で)
・白玉粉…50g
・砂糖…小さじ1
・水…55cc
【シロップ】
・砂糖…50g
・水…60cc
・レモン汁…大さじ1
 

作り方

【シロップ】
・小鍋にシロップの材料をすべて入れ中火にかけて、砂糖がとけて沸騰したら火を止め冷ましておきます。

【フルーツ】
1、スプーンでスイカを丸い形にくり抜き、オレンジとキウイフルーツは食べやすい大きさにカットしてボウルに入れます。
2、1にシロップを合わせて冷蔵庫で冷やします。

【おから白玉】
1、フライパンでおからを中火でから炒りします。木ベラで混ぜながら、軽く色づいて水分が飛んだらバットに移してあら熱を取ります。
2、1のおからと白玉粉、砂糖をボウルに入れて、水を少しずつ加え、耳たぶ位の柔らかさになったら、16等分にして丸めます。
3、鍋にたっぷりの湯を沸かして、2を入れて3分程茹でたら、冷水にとって冷まします。

最後に、【フルーツ】と【おから白玉】を合わせて、器に4等分に盛り付けて完成です。

トマトのグリル

2018.08.09更新 - カテゴリ[]

トマトのグリル

材料

・トマト…2 個
・とろけるチーズ…適量
・オリーブオイル…大さじ 2
・パセリ…適量
・塩コショウ…少々

準備

・パセリは茎を外して、みじん切りにします。
・アルミホイルで器を作ります。

作り方

1、トマトを 5 ミリ幅にスライスし、アルミホイルの器に並べます。

2、塩コショウとオリーブオイルをふりかけ、とろけるチーズをのせます。

3、グリルタイマーを 3 分にセットして予熱し、再び 6 分にセットし上下強火で焼いていきます。

4、焼きあがったらパセリを振って完成です。( 器などが大変熱くなっていますので、やけどには十分に注意して下さい。)

冷しゃぶと三種の発酵だれ

2018.07.23更新 - カテゴリ[]

冷しゃぶと三種の発酵だれ

 

材料(4人分)

・豚バラ肉(薄切り)・・・400g

【梅味噌だれ】
・梅干し・・・3個
・味噌・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ3
・酒・・・大さじ1
・酢・・・大さじ1
【ヨーグルトだれ】
・ヨーグルト・・・大さじ3
・マヨネーズ・・・大さじ3
・マスタード・・・大さじ3
・塩・・・少々
【甘酒ゴマだれ】
・甘酒・・・大さじ3
・しょうゆ・・・大さじ2
・生姜すりおろし・・・ひとかけ
・練りゴマ・・・大さじ3
・酢・・・大さじ2
・白ゴマ・・・大さじ1

作り方

1、鍋に湯を沸かして、豚肉をさっと湯がいて、水気を切って冷まします。
2、たれの材料をそれぞれ混ぜます。
3、お皿に野菜を敷き、1を並べます。たれを添えて完成です。

夏野菜のどんぶり

2018.07.06更新 - カテゴリ[]

夏野菜のどんぶり

 

材料(4人分)

・炊いたご飯・・・4膳分
・トマト・・・4個
・なす・・・1本
・ズッキーニ・・・1/2本
・玉ねぎ・・・1/2個
・シソの葉・・・10枚
・ミョウガ・・・4個
・オリーブオイル・・・大さじ1
・塩麹・・・大さじ2
(なければコンソメ1個で代用可)
・しょうゆ・・・大さじ1と1/2

作り方

1、熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、 みじん切りにした玉ねぎを中火で炒めます。
2、玉ねぎが透き通ったら、ヘタを取り除いたトマトを並べ、1cmの厚さの輪切りにしたズッキーニとナス、塩麹を入れ、フタをして蒸し焼きにします。野菜から水分が出てきて沸騰したら、 弱火にして野菜に火が通るまで加熱します。
3、トマトから水気が出てしんなりしたら、しょうゆを回しかけ、ひと煮たちさせて火を止めます。
4、器にごはんをよそい、野菜を上に乗せ煮汁をかけ、千切りにしたシソとミョウガを飾って完成です。

美肌スムージー

2018.06.25更新 - カテゴリ[]

美肌スムージー

スムージーをおいしく飲むためのポイント

・ひと口大の大きさに切り、『水分の多いもの→柔らかいもの→固いもの→葉物』の順番でミキサーに入れると作りやすい。
・果物と野菜は、果物6:野菜4の割合にすると初めて飲む方でも飲みやすい。慣れてきたら、野菜の割合を増やしていくのがおすすめ。
・使うフルーツは、完熟のものの方が消化が良く味も美味しい。
・入れる野菜はいつも同じものではなく、色々な種類のものを摂りましょう。味の幅も広がり、色々な栄養素が摂れる。また、緑の野菜に含まれる微量のアルカロイドの蓄積防止にもなる。
・より効率的にスムージーを飲むには、前後30分程あけて飲むと消化が良くなり、より多くの栄養を摂取することができる。
・カブなどの根菜類や豆類などのでんぷん質の野菜とフルーツは、食べ合わせがあまり良くなく、腸内でガスが発生しやすくなるため、健康のために飲むときは入れないほうが好ましい。ナッツ類も消化に時間がかかるため、あまりおすすめしない。

材料

<コップ1杯分>
・いちご・・・5個
・トマト・・・1個
・ラズベリー・・・1/4カップ(冷凍のものでもOK)
・水・・・お好みで

いちごは豊富なビタミンCを含み、肌の生まれ変わりをサポートします。
ラズベリーに含まれるエラブ酸には、美白効果があります。