ひだまりCafe

岡谷酸素社員によるブログ。
日々のようすをお伝えします

カテゴリー : お役立ち情報

知っていますか?十三夜

2019.09.27更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
秋が深まり、朝夕は肌寒く感じるほどですね。出勤時に車のフロントガラスが曇っているのを見て「涼しくなったなぁ」と実感する日々です。
さて、今回は9月の十五夜に次ぐ月見イベント、十三夜についてご紹介します。

*十三夜とは*
十三夜は、「旧暦9月13日の夜にかかる月」のことです。旧暦は新月を境にひと月が切り替わっていました。そのため、十三夜は新月から13日目の月を指します。新月から満月になるまでは約15日かかるため、十三夜に出るのは満月ではなく少し欠けた月です。しかしこの頃になると空気が澄み、天気が崩れにくい季節になるためとても美しい月を見ることができるそうです。

*片月見とその由来*
十五夜は平安時代に中国から伝わった行事ですが、十三夜は日本独自の風習であるといわれています。平安時代の貴族たちは十五夜と十三夜をどちらも月見の行事として大切にしていました。そのため十五夜と十三夜のどちらか一方の月だけを見ることを「片月見」または「片見月」と呼び、縁起が良くないとして嫌いました。また、十三夜は十五夜を見た庭と同じ場所で見るべきとされています。

*十三夜のお供え*
月見といえば、お月様へのお供えも浮かびますね。十三夜でも十五夜と同じくお団子を供えるほか、この時期に旬を迎える栗や豆などを供えます。このことから十三夜の月は「栗名月」「豆名月」とも呼びます。
また、長野県北安曇郡では「小麦の名月」と呼ばれ、この夜の天気で次の年の小麦の豊作を占うという風習があるそうです。

ちなみに、今年の十三夜は10月11日(月)です。
今まで十五夜しか見ていなかったという方、今年からは十三夜も見てみませんか?もしかしたら「片月見」をしていた年よりも幸運に恵まれるかもしれません。

花火大会のあれこれ

2019.08.30更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
ここ数日雨が多く気が滅入っていませんか?
今回は暗い気分を吹き飛ばす夜空の大輪、打ち上げ花火についてご紹介します。

*花火のはじまり*
日本の花火のはじまりは、江戸時代初期までさかのぼります。徳川家康がイギリスからの使者によって日本で初めて花火を見たのだとか。
(そこで見たのは吹き出し花火だったといわれています)
その後しばらくは海外の花火師に頼んで花火を打ち上げてもらっていましたが、徐々に日本でも花火を作り、打ち上げるようになりました。

*花火大会のはじまり*
江戸時代の中期。世間には、全国的な大飢餓や江戸で流行したコレラの影響で暗い雰囲気が漂っていました。これを晴らすため、当時の将軍徳川吉宗は死者の慰霊と悪霊退散を祈り両国大川(隅田川)で水神祭を催し、20発前後の花火を披露しました。これが日本で最も古い花火大会であるといわれています。

*「かぎや」と「たまや」*
水神祭の花火大会で打ち上げを担当したのが、当時の花火師の中で最も有名だった「鍵屋」6代目当主の弥兵衛という人です。鍵屋の主人は代々「篠原弥兵衛」という名を名乗り、鍵屋はのちに12代まで続く江戸でいちばん大きな花火屋でした。しかしその後、市兵衛という人が鍵屋から独立し「玉屋」という屋号で花火屋を作りました。それにより2大花火師の時代が始まります。

水神祭の花火大会では両国橋を挟んで上流を「玉屋」、下流を「鍵屋」が担当し、それぞれ花火の腕前を競いあいました。それに対し人々は「たーまやー」「かーぎやー」という掛け声をし、よりすごいと思う花火師を称えたのです。現代ではどちらかというと「たまや」の掛け声が有名である通り、当時も玉屋の花火のほうが人気だったのだとか。ちなみに、掛け声は花火が咲いてから散るまでの間「たーーーーまやーーーーー」と、ずっと声を出し続けているものだったようです。当時は20発ほどしか打ち上げなかったからできたことですが、現在の何万発も打ち上げる花火大会で掛け声をしたらとっても大変そうです!

*和火と洋火*
鍵屋と玉屋が活躍していた江戸の頃、花火といえば線香花火のように橙色一色のものでした。この、昔ながらの花火を「和火」といいます。
いっぽう化学技術の発展で登場した、化学薬品を使って様々な色を付けたカラフルな花火を「洋火」といいます。現在の花火大会ではこちらの花火が主流ですね!

 

日本三大花火大会のひとつである秋田県の「大曲の花火」や諏訪湖の全国新作花火競技大会など、今後もまだまだ花火大会は開催されます。
8月の花火大会を見逃してしまった方も、あきらめずに花火を見に行ってみませんか?
花火大会に行く際は、ぜひ1回正統派「たまやー!」の掛け声を試してみてください♪

梅雨明けのあれこれ

2019.07.30更新 - カテゴリ[]

はじめまして!今年度より企画室に配属されました、新入社員の武居と申します。
趣味はサッカー観戦と旅行で、アウェイ遠征も大好きな山雅ファンです!
これから皆様に記事をたくさん届けられるよう頑張ります。よろしくお願いいたします!

さて、ついに梅雨明けが発表され、夏がはじまりましたね。
今年の梅雨明けは平年より8日遅く、昨年よりはなんと30日も遅かったそうですが、梅雨明けって、どのように決めているのでしょうか?
今回は、梅雨明けの定義についてご紹介いたします。

*梅雨に入り、明けるまで*
春から夏への季節の変わり目になると太平洋高気圧が活発になり、オホーツク海高気圧との境目でぶつかり合うようになります。すると間に大気の状態が不安定な地帯ができます。これが梅雨前線です。
梅雨前線の近くでは雨が多くなり、晴れの日が少なくなります。
梅雨前線は太平洋高気圧が活発になるにしたがってゆっくりと北へ押しあげられていき、やがて北上しきるか消滅すると梅雨明けとなるのです。

*梅雨明けを決めるのは難しい!*
ではどのようにして梅雨が明けたかを判断するのでしょうか。
これには「どのくらい雨が降ったら」などのはっきりとした決まりはありません。数日から1週間の気象予測を頼りに、雨が減ってしばらく晴れが続きそうになった頃に気象庁が「梅雨が明けたかもしれない…!」と判断をします。
ところが梅雨前線は南北の幅が狭く、ちょっとした勢力の変化によって北上したり南下したりを繰り返すため、気象予測がとても難しいのです。天気の移り変わりがあまりにも曖昧なので、いつ梅雨が明けたのかわからないまま秋になってしまうこともあるんですって。
そのため、秋に見直され「やっぱりあのあたりが梅雨明けでした」と後から梅雨明けの時期が変更されることもあるそうです。
また、かつては「梅雨明け宣言」というはっきりとした宣言がありましたが、予測の難しさからクレームが相次ぎ、現在では「梅雨明けしたとみられる」というふんわりとした表現に改められたのだとか。
なるほど、だから「こんなに晴れてるのにまだ梅雨は明けないの…?」とやきもきしながらニュースを眺める年があるんですね。

さて、天気予報によると、向こう1週間は最高気温33℃前後と暑さの厳しい日々が続くそうです。
こまめな水分補給や休憩などを心がけて、熱中症にかからないようご注意ください。
また、最低気温も23℃と寝苦しい夜が続くことが予想されるようです。夜間の熱中症にも注意が必要です。
暑い時には、我慢せず冷房を使いましょう!タイマー機能などを駆使して家計にも体にも優しく過ごせるといいですね。

ひやむぎのあれこれ

2019.06.26更新 - カテゴリ[]

こんにちは!
じめじめした日が続き、気持ちが沈みがちになりますが、梅雨が終わると本格的に夏に突入しますね。
今回は、夏に食べたいひやむぎについてご紹介いたします。

*そうめんとひやむぎの違い
そうめんとひやむぎの違いは麺の太さです。原材料や製造方法は一緒です。

■そうめん 直径1.3㎜未満

■ひやむぎ 直径1.3㎜~直径1.7㎜未満

ですが、手延べでつくった場合は、1.7㎜未満であれば「そうめん」「ひやむぎ」どちらでも名乗ってよいそうです。
ちなみに、麺の直径が1.7㎜以上になるとうどんになります。

*ひやむぎの歴史
ひやむぎの起源は室町時代につくられた「切り麦」と言われています。
切り麦はうどんを細く切ったもので、季節によって食べ方を変えていたそうです。夏に冷やして食べる「冷麦」と冬に温かくして食べる「熱麦」があり、現在のひやむぎはそこから繋がっているそうです。

*おすすめレシピ
しあわせレシピで掲載したひやむぎのアレンジレシピを紹介いたします。
ひやむぎのエスニック風】【ひやむぎ春巻き】【夏野菜たっぷりひやむぎ】【から揚げのっけてあったかひやむぎ

ワンパターンになりがちなひやむぎも、様々なアレンジレシピがあるのでぜひご活用ください。

ひやむぎを食べて夏を涼しく過ごしましょう♪

アジサイのあれこれ

2019.05.31更新 - カテゴリ[]

こんにちは!
最近30℃を超える日があったり雨で肌寒い日だったりと、寒暖差が激しくなってきましたね。身体の調子を崩さないように気をつけましょう。
今回は、これからが見ごろのアジサイについてご紹介いたします。

*アジサイについて
アジサイは日本が原産と言われています。昔の日本では、アジサイは色が移り変わることからあまり好まれていませんでした。ですが、来日した外国人がアジサイを気に入り、持ち帰って品種改良して広めました。今では世界的に親しまれています。
アジサイの由来は、藍色が集まったものを意味する「あづさい(集真藍)」が変化して呼ばれるようになったそうです。また、アジサイの漢字が紫陽花となった由来は、中国の漢文に出てきた紫陽花という花がアジサイのことだと思い、当て字にしたそうです。
しかし、その時代の中国にはアジサイが咲いていなかったため、漢文に出てきた紫陽花はアジサイではなく別の花だったと言われています。

*アジサイの品種
◎ガクアジサイ
アジサイの原種の1つと言われている日本固有の品種です。
花の形が特徴的で、真ん中に咲いている小さい蕾みたいなものが花で、周辺に咲いている小花みたいなものは萼(がく)です。この花の構造が、額縁のように見えるということでガクアジサイと呼ばれています。 
ガクアジサイの中でも多くの品種があり、様々な形の花を楽しめます。

◎西洋アジサイ
日本のガクアジサイを品種改良したのが西洋アジサイです。西洋アジサイはハイドランジアとも言われています。手まり型の形をしているのでとても華やかな見た目をしています。

 

アジサイはこの他にも品種があり、色や形も品種ごとで異なるので色々なタイプの花を楽しむことができます。

*アジサイの色が変わる理由
アジサイは「七変化」や「八仙花」とも呼ばれています。それは、土の性質によって花の色が変化するからです。花に含まれているアントシアニン色素が、アルミニウムと結合すると青色に変化し、吸収されないとピンク色に変色します。そのため、酸性が強い土地ではアルミニウムはよく溶けるため青色に変化し、アルカリ性が強い土地ではアルミニウムは溶けないためピンク色に変化します。品種によっては色が変化しないアジサイもあります。

アジサイは5月~7月が見ごろです。
これから梅雨のシーズンですがアジサイを見に出かけてみましょう。

鯉のぼりのあれこれ

2019.04.27更新 - カテゴリ[]

こんにちは!平成から令和へと元号が変わるのも目前ですね。
令和でもひだまりCafeをよろしくお願いします。
今回は5月5日、子供の日に欠かせない鯉のぼりについてご紹介いたします。

*鯉のぼりをかざる理由
鯉のぼりを飾るという風習は、江戸時代に始まったと言われています。武士の家が、生まれた男の子の出世を願って馬印や幟を揚げていたのを、庶民が真似をして鯉を幟に描いて揚げるようになったと言われています。

なぜ、鯉になったかというと、2つあります。1つ目は、中国に「鯉が滝を登りきると龍になる」という伝説があり、立身出世の象徴とされているため縁起が良い魚だからです。2つ目は、鯉は泥の中でも生きられる強い生命力があるため子供が元気に育ってほしいという思いがあったからです。

なぜ、5月5日に鯉のぼりを掲げるようになったかというと、5月5日は「端午の節句」にあたり、中国の災いや邪気を払うための年中行事がある日です。その日は、門に菖蒲をかけたり菖蒲を漬けたお酒を飲んだりしていたそうです。これが日本では「菖蒲」の読み方が「尚武(武勇を重んじること)」と被ることから、男の子の成長を祝う行事として広がって行きました。

*鯉のぼりのそれぞれの意味
鯉にはそれぞれ意味があって飾られています。


・真鯉…黒色の鯉は、家の大黒柱である父親を表しています。
・緋鯉…赤い色の鯉は母親を表しています。
・青色の鯉…一番下の鯉は子供を表しています。
最初は真鯉しかいませんでしたが、明治時代から真鯉と緋鯉が対に飾られるようになり、昭和時代から青色の鯉が加わるようになったそうです。

矢車
鯉のぼりを吊るす棒の先端にある飾りは矢車と言います。
これは、神様が降りていく目印になるよう音がなったり、目立つ飾りにしているそうです。

吹き流し
鯉のぼりの一番上の、五色で筒状のヒラヒラしているものを吹き流しと言います。
青、赤、黃、白、黒の五色は、中国伝来の「五行説」が由来となります。
五行説とは、「世の中の全てものは、木・火・土・金・水の5つの要素からなり、それぞれが互いに影響を与え合い、循環する。」という考え方です。
この思想に基づいて、「青=木」「赤=火」「黄=土」「白=金」「黒=水」を表し、魔除けとして掲げられています。

現在は、庭に飾るタイプの鯉のぼりだけでなく室内用の物や、女の子用にピンク色の鯉など鯉のぼりも多種多様になっています。時代と共に鯉のぼり形態も変化していますが、子供が健やかに成長できるよう願う大切な行事なのでこれからも文化として残していきたいですね。

春野菜の栄養と活用レシピ

2019.03.25更新 - カテゴリ[]

こんにちは!
日中は暖かい日が続いていますが、夜になるとまだまだ寒いですね。季節の変わり目なので体調には注意したいですね。
今回は、春野菜の栄養とレシピを紹介いたします。

*春野菜の栄養と効能
【キャベツ】
キャベツは、ビタミンCが豊富に含まれており、外側の葉3枚で成人が1日に必要なビタミンCを摂取できます。ビタミンCは、免疫力アップや風邪予防、美肌効果も期待できます。また、ビタミンU(キャベジン)とビタミンKが多く含まれているので、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の改善に良いとされています。食物繊維も多く含まれており、便秘解消にもなります。
ただし、1日1玉など多く食べすぎると逆効果になってしまいますのでご注意ください。

【ニラ】
ニラの臭いのもとは、硫化アリルの一種であるアリシンという物質です。アリシンには、ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があると言われています。また、免疫力を高めがん予防の効果があるとも言われています。

【アスパラガス】
アスパラガスには、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が含まれており、新陳代謝を促し疲労回復やスタミナアップに期待できると言われています。主穂先に含まれる「ルチン」には、血管を丈夫にする働きがあると言われています。 ビタミンCを多く含む食材と合わせると、ビタミンCの吸収効率を高める作用もあると言われています。

春野菜と言っても様々な種類の野菜がありますね。今回は上記で紹介した野菜を使用したレシピを、「しあわせレシピ」掲載の中から選びました。どのレシピも、春野菜を美味しく味わうことが出来ます。本日の食卓の一品としていかがでしょうか?

*おすすめレシピ
さわらと春野菜のレンジ蒸し

キャベツたっぷりとんぺい焼き

簡単チヂミ

春巻きスティック

もうすぐ新しい生活が始まり何かと忙しくなりますね!
春野菜を食べて身体を元気にしましょう。

ひな祭りについて

2019.02.21更新 - カテゴリ[]

もうすぐ3月になり、少しずつ春の訪れを感じますね
今回は3月3日の行事、ひな祭りについてご紹介いたします。

*ひな祭りの由来
平安時代以前よりあった草木や紙、わらで作った人形に、自分の災厄を移して海や川に流した行事と、平安時代に始まる「ひいな遊び(お人形遊び)」とが結びついたのが現在の「ひな祭り」です。ひな人形には、生まれた女の子が「健やかに育ち、将来、幸せな結婚が出来ますように」との願いが込められています。そのため、お下がりなどせず「ひとり一飾り」や「一生の宝」と言われています。

*ひな祭りにまつわる木々
桜と橘
ひな壇に飾られている桜と橘は「魔よけ」「邪気払い」の意味で飾られています。更に、橘には「不老長寿」を願う役割もあるとされていて、健やかに過ごすための象徴であるとされています。


ひな祭りは「桃の節句」と言われるほど、桃と深い関わりがあります。そもそも節句とは、中国から入ってきた考え方で、奇数の数字が重なる日は縁起が悪いと考えられており、その災いや邪気を払うために祭りなどをするようになりました。3月3日は上巳の節句、5月5日は端午の節句、7月7日は七夕の節句、9月9日は重陽の節句となり、それぞれその季節の植物が飾られます。旧暦は現在の暦と1ヵ月ずれており、3月3日の上巳の節句は4月上旬の桃の花が咲くころのため、桃の花が飾られます。
また、桃は「不老長寿」や「魔よけ」などの力があるとされ縁起が良いため、飾られています。

*ひな祭りに食べる料理
ひな祭りには、その日に食べる伝統的な料理があります。旬の食材を使うだけでなく色にも意味が込められています。以下に代表的なものをまとめましたのでご覧ください。

はまぐりのお吸い物
はまぐりは、他のはまぐりとは絶対に形が合わないことから、一夫一婦の願いを込め、お祝いの膳に添えられるようになったようです。

ひなあられ
お外でする「ひいな遊び」のことを、「ひなの国見せ」といいます。海辺や山へ出かけて人形に春の景色を見せてあげる風習です。その時、ごちそうと一緒に持って行ったお菓子がひなあられです。4色の場合は、四季を表し、3色の場合は、白(大地のエネルギー)・赤(生命のエネルギー)・緑(木々のエネルギー)で「自然のエネルギーを得られ、1年間を健康に過ごせる」という意味が込められています。

菱餅
下から緑(草萌える大地)・白(雪の純白)・ピンク(桃の花)となっており、3月の早春の景色を表しています。

白酒
「桃花酒」とも言われ、上巳の節句(中国の節句で、桃の節句の元になった日)に飲まれていました。桃や花の自然の力を体内に入れることで厄払いをするという意味があります。アルコールが10%前後含まれていますのでご注意ください。

ちらし寿司
日本のハレの行事(お祝いの日)で食べられることが多かったようです。えび(腰が曲がるまで長生き)、豆(健康でまめに働ける)、れんこん(将来の見通しがきく)など縁起のいい具材がお祝いの席にふさわしいとされています。

今回のしあわせレシピで、ちらし寿司のアレンジレシピを掲載しています。ぜひご活用ください♪
ちらし寿司のケーキ

縁起の良いものを食べてひな祭りをより楽しみましょう!

みかんのあれこれ

2019.01.31更新 - カテゴリ[]

こんにちは!
最近になって雪が降りじわじわと冷えてきましたね。
こたつに入ってしまうとなかなか出られなくなってしまいました。
今回は、こたつのお供「みかん」についてご紹介いたします。

*みかんの歴史
紀州みかん
紀州みかんは、歴史が古く別名「小みかん」と言われるほど小さいのが特徴です。中国から熊本県に渡来した小みかんが和歌山県に伝わったとされ、そこで大量に生産されるようになったことからこの名前になったようです。明治時代中期以前は、日本の主要なみかんの品種でした。紀州みかん(小みかん)は、現在も鹿児島県や熊本県、和歌山県などで栽培されています。温州みかんに比べて小さいですが、香りが強くて甘く種がたくさん入っています。

温州みかん
温州みかんは、紀州みかんとクネンボをかけあわせた品種です。温州みかんは「種無し」ということで縁起が悪く敬遠されていましたが、江戸時代後期からその美味しさと種無しの食べやすさから栽培が行われるようになりました。明治時代から生産を増やし、紀州みかんに変わってみかんの代表品種になりました。

 *みかんの効能*
果実
みかんはビタミンCが豊富なので、肌荒れや風邪予防の効果が期待されています。また果肉の袋(じょうのう膜)には便秘改善の作用があるペクチンも多く含まれています。さらに袋や白いスジには、ポリフェノールの一種である「ヘスペリジン」が含まれているので、高血圧や動脈硬化を予防する効果があるといわれます。

陳皮(みかんの皮)
漢方としても使用されています。「リモネン」と言われる香り成分が、リラックス効果やダイエットに有効とされています。また、全身に血が流れやすくして身体を温める効果があるので冷え性の方にはおすすめです。その他にも、胃腸の調子を整えてくれたり、咳やタンを抑える効果もあります。

*おすすめレシピ
「しあわせレシピ」で掲載したものです。
どのレシピもみかんを美味しく頂けますので、ぜひご活用ください♪

あつあつみかんソース

牛乳かん

みかんを食べて身体のお悩みを解決し、風邪を予防しましょう!

おそばのあれこれ

2018.12.27更新 - カテゴリ[]

こんにちは!
今年も残すところあと少し、皆さんは年末をどのように過ごしますか?
年越しの食べ物といえばそばですね!
今回は、そばについて紹介いたします。

*そばの歴史
日本でそばが見られるようになったのは縄文時代からで、栽培を行い始めたのは古墳時代からと言われています。初めは、そばを麺にして食べていたのではなくそばの実のまま食べたり、そばの実を砕いてお湯でこねた「そばがき」を食していました。
現在の形状「そば切り」になったのは江戸時代頃からです。

*そばの栄養成分
そばには、身体に良い栄養素がたくさん詰まっています。

◎タンパク質
タンパク質は、人の体調を維持したり筋肉など体を作るために必要な栄養素です。そば粉に含まれているタンパク質には、必須アミノ酸が多く含まれているので成長期の子供に最適です。

◎ルチン
ルチンはポリフェノールの一種です。毛細血管の働きを強化したり抗酸化作用や紫外線吸収作用など様々な働きがあります。
しかし、ルチンは水に溶けやすい成分のため、そばを茹でる際お湯に溶けだしてしまいます。そばとあわせて、そば湯も飲めばしっかりと摂取できます。

◎でんぷん
でんぷんは、特に脳にとって大切なエネルギー源です。白米やパンなどにもでんぷんが多く含まれていますが、たくさん食べるとカロリーが気になりますね。
その点、そばのでんぷんは血糖値が上がりにくい性質を持っています。そのため、身体に脂肪をつけるインスリンの分泌が少なく脂肪がつきにくいので、安心してたくさん食べられますね。

その他に、ビタミンB群・食物繊維・カリウム・亜鉛などが含まれています。

*引っ越しそばの由来
江戸時代中期に、庶民の間で引っ越しのあいさつにそばを配るようになってから、引っ越しそばと言われるようになったそうです。この文化は、向こう3軒両隣と大家さんにそばを配りました。近くの意味の「そば」にかけ「おそばに末永く」と、そばの形状から「細く長いお付き合いをお願いします」という意味から、そばを渡していたそうです。
この風習は関東だけのもので、関西では引っ越しそばを配る風習はなかったそうです。

*年越しそばの由来
年越しの夜に食べる「年越しそば」の由来は諸説あり、それぞれそばの特徴やそばにまつわる逸話からきています。

◎そばの特徴
・「細く長い」⇒家族の健康長寿を祈っている
・「良く切れる」⇒今年一年の苦労、厄を断ち切る意味を込めて
・「金粉を集める時に使われていた」⇒お金が集まる縁起物だから

◎そばにまつわる逸話
江戸時代の商人が毎月末(晦日)にそばを食べていた名残で、大晦日にそばを食べる習慣があるのではないかという話もあります。

おそばを食べてよい年越しにしましょう♪

来年もよろしくお願いいたします。