ひだまりCafe

岡谷酸素社員によるブログ。
日々のようすをお伝えします

カテゴリ : お役立ち情報

食品の保存で大活躍!アルゴンガス特集【第1弾】

2020.06.26更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
最近一気に暑くなり、夏が近づいてきたのを感じます!
一方で急に大雨が降って肌寒くなることもあり、体調を崩しやすいのでお気を付けてくださいね。
さて、岡谷酸素ではこのたび食品添加物として、食品に使えるアルゴンガスの製造・販売を開始いたしました!
今回はアルゴンについて、その特徴をご紹介します♪

*アルゴンとは?*
アルゴンは、空気中に窒素、酸素に次いで3番目に多く含まれていて、実は結構身近なガスです。
そんなアルゴンには、不活性(ほかの物質と反応しない)という性質があります。
どんな物質と一緒にしても、自分が変化したり、相手を変化させたりすることがないということです。
この性質を利用して、工業の現場では溶接やシリコンの製造過程などに広く使われています。

*食品の「酸化」とアルゴン*
酸素には、物質と反応して成長を促すなどの効果があります。
つまり、食品が酸素と手をつなぎ「酸化」することで食品の劣化が早まってしまうこともあるということです。
ここで、アルゴンの出番です。アルゴンで食品の表面を覆うことで、食品が酸素に反応してしまうのを防ぎます。
これが食品添加物として「高い抗酸化・抗菌作用」を持つアルゴンの役割です。

*食品添加物として使えるようになるまで*
実は、アルゴンガスは海外では1990年代から使用が許可され、ジュースやワインなどの酸化防止に広く使われていました。ところが日本ではなかなか食品添加物として認めてもらえず、長らく食品に使うことはできませんでした。
しかし、とあるワインメーカーさんがアルゴンの有用性を訴え、7年間もの奮闘の末……ついに2019年6月の法改正で、日本でも食品添加物として使うことができるようになりました。
現在では主にワイン業界向けにカートリッジタイプの商品が輸入されており、国内でも「一度開封したワインの品質を保ち長く楽しめる」、「お醤油の風味劣化を防ぐ」などの使い方が広がっています。

そこで岡谷酸素は、今まで窒素や二酸化炭素といった食品添加物を製造してきたノウハウを生かし、いち早く添加物製造許可を得て、日本初の国内製造を可能にしました。
まずは500L、7000Lの大容量ガスボンベで大量供給に対応いたします!

資格不要で取り扱いも簡単。当社で設置から使用までサポートいたしますので、安心してご利用いただけます。
これからの食の可能性をもっと広げるアルゴンガス。
気になった方はぜひお気軽にご相談ください♪

また、次回は岡谷酸素で扱っているほかの食品添加用ガスについてや、アルゴンの優れているところもご紹介いたします!
お楽しみに☆

新じゃがについて

2020.05.26更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
最近は風が涼しくて過ごしやすい陽気が続きますね♪
今回は、今が旬の「新じゃが」についてご紹介します。

*新じゃがとは*
一般的なじゃがいもは秋口に収穫され、旬は10~11月と言われています。
じゃがいもは保存が効くので収穫してから貯蔵され、一年を通して市場に出回っています。
これに対して「新じゃが」は収穫後に貯蔵することなくすぐ出荷され、旬は5~6月頃です。
鹿児島県、長崎県などの比較的暖かい地方からは冬に植えられて春に収穫されたじゃがいもが、7月頃になると北海道などから、春に植えて育ったばかりのじゃがいもが出荷され店頭に並びます。

*新じゃがの特徴*
新じゃがは秋に収穫して貯蔵されていたものとは違い、みずみずしくて皮が薄い特徴があります。また、サイズも小さめでコロコロしたものが多いです。
実はじゃがいもはビタミンCが豊富に含まれています。栄養素は皮の近くにたくさんつまっているので、皮が薄くて皮ごと食べられる新じゃがは、より効果的に栄養を摂ることができます。
やはり新じゃがは皮付きで食べたいものです♪

*おすすめの調理法*
新じゃがをゆでる際には皮付きのまま調理します。皮は食べないという場合も、ゆでた後にむくようにしましょう。
また、水分が多いためカレーや肉じゃがなどの煮込み料理では少々味が染み込みづらいという特徴もあります。
まるごと素揚げにしたり、蒸してじゃがバターにしたり、千切りにして肉や野菜と炒めるのがおすすめです!
さっと湯通ししてシャキシャキの食感と甘みを味わうのも良いですね。

*新じゃがの保存*
じゃがいもは、陽に当てたり気温が15℃以上になると芽が出やすくなります。
芽が出るのを避けるためには陽が当たらず、涼しく、湿気の少ない場所で保管します。
芽が出たり、皮が緑色のものは有毒物質の「ソラニン」が出ていて、食べると吐き気、嘔吐、腹痛などの症状が出ることがあるので避けるようにしましょう。
また、新じゃがはじゃがいもに比べて保存がききません。
1週間を目安になるべく早く食べきりましょう!

ちなみに、じゃがいもとりんごを一緒に保管するとりんごから出る「エチレンガス」の力で芽が出にくくなり、じゃがいもが長持ちするのだとか…!
新じゃがではできませんが、秋になったら試してみたいです♪

おすすめのじゃがいも使用レシピもご紹介します☆
蒸し野菜と3種のドレッシング
アスパラとじゃがいものオープンオムレツ
まるごとポテトの明太たらポテ
ラザニア
旬の食材、新じゃがをぜひお楽しみください!

桜の開花について

2020.03.25更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
小さい頃はそうでもなかったのですが、このごろ桜の開花時期が気になるようになりました。
既に梅はきれいに咲いており、そろそろ営業所近くの桜も咲きそうな気がしてきました。
今回は桜が開花する仕組みについてご紹介いたします。

*花の目覚め「休眠打破」*
「休眠打破」という言葉をご存じでしょうか。
桜の花芽は、実は前年の夏に作られており、秋から冬にかけては冬眠のような休眠状態に入ります。
眠った花芽は冬になり一定の低温にさらされると休眠から覚め、春に向けて気温の上昇とともに生長し始めます。
この「休眠からの目覚め」のことを「休眠打破」というのだそうです。

*気温と開花の早さ*
桜の開花には「冬の寒さ」と「春の暖かさ」が必要です。
冬がしっかり寒いことで休眠打破が起き、目覚めてからは暖かさや日光によって花芽が生長します。
今年の冬は全国的に気温が高く、休眠打破がやや遅れたとみられています。しかし春の暖かさによって花芽の生長が促され、全国的に例年よりも早く開花するという予測が出ています。
今年のような暖冬だと、長野県のように普段から寒さが厳しい地域では開花が例年より早く、鹿児島県のようにもともと暖かい地域では休眠打破が大幅に遅れてしまうため開花が遅くなる傾向があるそうです。

今年の長野市の開花予想は3月30日、満開予想は4月7日です。
例年よりかなり早めの開花となりそうですね。
開花まであと少し。今年の桜を楽しみに待ちましょう♪

手洗い、うがいで風邪を予防しましょう!

2020.02.25更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
最近、新型肺炎やインフルエンザの流行で、体調に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
風邪を予防するには、まず体内にウイルスを入れないことが大切です。
今回は正しい手洗い、うがいのポイントをご紹介します!

*手洗い*
外から帰ったら手を洗うのは当然!と思うかもしれませんが、手洗いには正しい方法があり、しっかり洗わないと細菌やウイルスを洗い流すことができません。
少々時間がかかり大変ですが、この機会に正しい手洗い方法を習慣づけましょう♪

◎手を洗うタイミング
・食べ物を触ったり食べる前
・公共のものに触れたあと
・外から帰ってきたら
など、とにかくこまめに洗うことが大切です。

◎手を洗う前に
手を洗う前には口や目、鼻、食べ物などを触らないように気を付けましょう
時計や指輪などのアクセサリー、絆創膏などは外しておきましょう

◎手の洗い方
1.水で手を濡らす
手を洗うときにお湯を使うと手の皮脂が流れてしまい、手荒れの原因になります。荒れた手は細菌がとても繁殖しやすくなるので要注意!

2.石鹸を手に取り、よく泡立てる
石鹸の洗浄効果をしっかり出すためによく泡立てましょう。

3.手のパーツひとつひとつを丁寧に洗う
石鹸には殺菌効果がないので、丁寧に洗うことでようやく汚れと一緒に細菌やウイルスを洗い流せます。
指先や指の股、親指の付け根の膨らんでいるところ、手首などは洗ったつもりでいても洗い残しが残りやすいので、特に意識してこするようにしましょう♪

4.水で石鹸をしっかり流す
石鹸が手に残っていると、残りカスから細菌が繁殖してしまいます。また、水はシャワー状に出すのが良いそうです。

5.乾いてきれいなタオルで拭く
家族で共用のタオルを使いまわしたり、濡れたタオルを使うのはNG!せっかく洗った手にまた細菌やウイルスが付いてしまいます。
乾いて清潔なハンドタオルでしっかり水気を拭き取りましょう。

6.消毒液で除菌する
仕上げに手に除菌水(アルコールスプレーなど)をかけて、落としきれなかった細菌やウイルスを除菌します。
私のおすすめは、私も愛用している除菌水「エコノアクア」です!
インフルエンザウイルスや食中毒の予防はもちろん、アルコールではあまり効果がないといわれているノロウイルスの除菌もできます♪
食品工場でも使用している食品添加物なので、食べ物や食器の除菌にも使えるところもすごいんですよ!

*うがい*
のどは空気や食べ物の通り道なので、炎症が起こらないように清潔にすることが大切です。口やのどを洗うことで、ウイルスの侵入を阻む手助けができるだけでなく、口内炎やアレルギーの予防にもなります。
風邪やインフルエンザの予防するには「うがい薬」が効果的です!
しかし、のどの粘膜を守っている菌も一緒に殺菌されてしまうため、1日に何度もうがい薬を使うのは良くないそうです。うがい薬を使うのは1日1回、外から帰った時だけなどにしましょう。

◎正しいうがいのポイント
口内とのどは分けてゆすぐのがポイントです。
1回目は口を開けずに「くちゅくちゅ」とゆすいでから、2回目、3回目に上を向いて口を開け、「ガラガラ」と15秒ほどゆすぎます。
ガラガラするときには、のどの奥深くまで届くように意識すると効果的ですよ。

風邪だけでなく、インフルエンザや新型肺炎の予防のためにもこまめに手洗い、うがいを心掛けたいですね♪

チョコレートの効果

2020.02.05更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
あっという間に2月に入り、もうすぐバレンタインですね。
バレンタインといえばチョコレートですが、「チョコレートが体にいい」という噂を聞いたことはありませんか?実は、チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」という成分には健康に良い効果がたくさんあるのです。
今回はこのカカオポリフェノールについてご紹介いたします!

*ポリフェノールとは*
ポリフェノールは、植物のほとんどに含まれている苦みや渋みの元となる成分で、自然界に約5000種類以上あるといわれています。
カカオポリフェノールのほかに、緑茶に含まれる「カテキン」や、赤ワインに多く含まれる「アントシアニン」、大豆で有名な「イソフラボン」などもポリフェノールの一種です。
ポリフェノールはそれぞれ違った効果を持っていますが、これらは共通して強い「抗酸化力」を持つことが知られています。
「抗酸化力」とは、体内にある活性酸素を消去したり無効化する能力のことです。活性酸素は本来ウイルスを退治してくれるなど大事な働きをするのですが、たくさん増えると細胞をどんどん錆びさせてしまい、生活習慣病などの病気や老化の原因になります。
ポリフェノールは増えすぎた活性酸素を減らして、病気や認知症、老化などの予防に役立ってくれるのです!

*カカオポリフェノールの効果*
カカオポリフェノールは、チョコレートやココアの原料となるカカオ豆に多く含まれるポリフェノールのことです。カカオポリフェノールには緑茶や赤ワインなどに比べて数倍の抗酸化力があり、食べることでさまざまな効果があると知られています。

老化を防ぎ、動脈硬化などの病気予防に役立つ
活性酸素を消すことで美肌を保つ効果も持っています。

血管を広げて血圧を下げる
血管が広がると血が巡りやすくなるため、血圧が下がります。特に高血圧の人ほど効果が高いということがわかっています。

アレルギーを予防する
アレルゲン(花粉など、アレルギーの元となる物質)に対して抗体が作られるのを防ぎます。過剰なアレルギー反応が起こりにくくなるため、花粉症などにかかりづらくなります。また、アレルギー反応が緩和され、症状の悪化を防ぎます。

ストレスを軽減する
カカオポリフェノールにはストレスを抑える効果があることもわかっています。

*高い効果を得るには*
ポリフェノールは熱に強いので、加熱調理しても成分がほとんど失われません。また、水に溶けやすいので食べてから比較的短い時間で効果が出るのだそう。
しかし、効果は3~4時間ほどしか続かないため、毎日こまめに摂ることが大切です。
普通のミルクチョコレートにもカカオポリフェノールは含まれていますが、甘いチョコレートをたくさん食べていては糖分の摂りすぎになってしまいます。また、ホワイトチョコレートにはカカオポリフェノールがほとんど含まれていません。
こまめに食べるなら、糖分控えめの高カカオチョコレートが効果的です。カカオ70%以上のものを選びましょう☆
砂糖の入っていない純ココアを温かい牛乳に溶かして飲むのもおすすめです。ほっとした気分になり、ストレス解消にもなります♪

今年のバレンタインデーは、日ごろの感謝の気持ちを込めて、身近な方々に高カカオのビターチョコレートをプレゼントしてみてはいかがでしょうか♪
しあわせレシピにもチョコレートを使ったレシピを多数掲載中!
カテゴリ:チョコレート←こちらからぜひご覧ください♪

夜ぐっすり眠るために

2019.12.26更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
早いもので、2019年ももうすぐ終わりですね。
最近はこたつでうとうとしてしまい、いざ夜に寝れない…という方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、夜ぐっすり眠るためのヒントをご紹介します!

*眠りについて*
人間の脳は、考えることでたくさん熱を発生し、1日でかなり疲れています。そこで脳の温度を下げて休ませ(つまり眠って)、疲労を回復させます。
脳の温度を下げるために、手や足から放熱し、体の深部の温度を下げています。
夜ぐっすり眠るためには、体内温度を下げやすくするお手伝いをしてあげましょう。

*ふとんの中*
季節に合った寝具を選ぶ
寝るのに最適なふとんの温度は体温より少し低い33℃くらい、湿度は50%くらいだといわれています。夏は薄手で吸湿性の高い寝具を選び、冬は暖かくて軽い寝具を選ぶことが大切です。重たいふとんは寝がえりの際に邪魔になります。

電気マットは付けっぱなしにせず、タイマー機能などでOFFにする
冷えは眠りが浅くなる原因ですが、ふとんの中を暖かくしすぎると汗をかいて湿度が上がるため、かえって眠りを妨げることになってしまいます。
タイマー機能などを使って、眠りについたら電源が切れるようにしましょう。
湯たんぽを使うと、時間とともに冷めていくのでおすすめです♪

靴下は履かない
眠るときには手や足から熱を放出して体温を調節するため、靴下を履くと寝ているときの体温調節がうまくできなくなってしまいます。

頭を冷やす
心配事や楽しみなことがあって眠れないときには、熱さましの冷却シートなどで頭を冷やしてあげましょう。
興奮が落ち着き、眠りやすくなります。

*部屋の温度*
室温は22~25℃が最適
夏は気温が28℃以上、冬は10℃以下になると睡眠に支障が出てきます。
また、起きた時にふとんの中と室温の差が激しいと体調を崩しやすくなります。エアコンのタイマーなどを使って、寝る少し前と起きる少し前に部屋の温度を整えておきましょう!

*部屋の明るさ*
寝る前は明るさを抑えた暖色系の照明を使う
寝るときには薄暗い程度の暗さに抑え、真っ暗にはしない
光を浴びると脳は活性化してしまいます。また、真っ暗の状態も不安感を増幅してしまい寝付けなくなることがあります。
間接照明やフットライトを使って、物の形がうっすらとわかるくらいの暗さにするとよいでしょう。

*部屋の音*
音楽はスリープタイマーなどで自動的に消えるようにする
無音の状態だと些細な物音が気になって眠れなくなることがありますよね。
寝る前に音楽を聴くのはリラックスのために効果的ですが、寝ている間はできるだけ静かなほうが良いそうです。
また、流す音は不規則なほうが良く眠れるのだとか。

テレビやラジオは消す
睡眠を一番邪魔する音は、人の声だと言われています。テレビやラジオを付けたまま眠るのは避けましょう。

*生活習慣*
運動をする
ふとんに入る3時間以上前にヨガやストレッチなどの軽い運動をして一時的に体温を上げておくと、寝る頃には程よく体温が下がり、スムーズに眠ることができます。
寝る前に手足をやさしくマッサージして温めるのも効果があります。

寝る2~3時間前には夕飯を済ませる
食事をすると身体が活発に活動し始めるため、できるだけ寝る直前の食事は避けましょう!忙しい人は夕方に軽食を摂り、21時過ぎにはヨーグルトやバナナなど消化に良いものを食べると睡眠に悪い影響を与えずに食事ができるそう。

お風呂は寝る1~2時間前に、38~40℃のぬるめのお湯にゆっくりつかる
ぬるめのお湯にはリラックス効果があるうえ、血管が広がって手や足から熱を逃がしやすくなります。42℃以上の熱いお湯は神経が昂り、眠りにつきにくくなってしまうので避けましょう。

*リラックスする*
ストレスがかかっていると、それに抗うために脳が刺激され、体温が上昇してしまうので眠りにつきにくくなります。
良い眠りのためにはリラックスした状態になることが大切です。
アロマなどを使って好きな香りで部屋を満たす、触り心地のいいパジャマを着る、抱き枕を使うなど、自分が一番安心感を得られる状態で寝るようにしましょう♪

日本人のほとんどは睡眠不足だといわれています。
ぐっすり眠るためには規則正しい生活を送り、寝る時間を習慣づけることが一番大切です。
年末年始のお休みも、できれば規則正しい生活を送ってぐっすり眠りたいですね☆

お歳暮のあれこれ

2019.11.26更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
最近は霜が降りることも多く寒い日が続いていますね。
私はついに一昨日、タイヤをスタッドレスに交換しました。

さて、もうすぐ12月。1年の終わりが近づいてきています。
そこで今回は、1年の感謝を伝える贈り物、お歳暮についてご紹介いたします。

*お歳暮とは*
1年間お世話になった方々に対して感謝の気持ちと、健康を願う気持ちを込めて贈るものです。
もともとは「歳の暮れ」という文字の通り「年末」という意味の言葉でした。
江戸時代に長屋の大家さんや取引先に対して、商人などがお世話になっている感謝を伝える贈り物を持参したのが始まりの一つと言われています。

*お歳暮の贈り方*
かつては取引先など仕事関係の人や、習い事の先生といった人に直接お歳暮を持って行って挨拶をするというのが主流でした。
しかし、最近は親しい知人、友人、両親などに贈ったり、宅配便などを利用して贈られることも多くなっています。
昔より気軽に感謝を伝えられるようになったということですね。
また、会社によってはお歳暮は受け取らないというところもあるのだとか。

*何を贈るのが良い?*
選ぶ品物に決まりはありません。大切なのは、相手の健康を願う気持ちが伝わるものや、相手が喜んでくれるものを選ぶことです。
甘いものが好きな人にはお菓子やフルーツを贈るといったように、相手の好みや、家族構成から考えるのもいいかもしれません。
他にも、お正月に食べることのできる肉類やハム、お鍋に最適なカニやフグなども人気だそう。
入浴剤や自分の土地の名産品を贈るというのもいいですし、どうしても相手の好みがわからないという場合には、カタログギフトを利用してみてはいかがでしょうか?
一般的な相場としていわれているのは、3,000円~5,000円程度です。
また、特にお世話になっている人に対しては、10,000円ほどのものを贈ることもあるそうです。

*お歳暮を贈る時期*
お歳暮を贈る時期の目安は関西と関東で違っています。
関西は12月13日~20日前後、関東では11月下旬~12月20日前後に届くように贈るのが主流とのこと。
もともとは関東でも12月13日~20日前後となっていたのですが、だんだんと贈る日が早くなってきていて、最近では11月中旬に選び、11月中に贈っておくことも多いそうです。
お歳暮ギフトを取り扱うデパートの売り始め時期の影響もあるかもしれませんね。
基本的には贈り先の地域の習慣に合わせて送るのがマナーだそうです。

*期間内に贈り忘れてしまったら?*
20日を過ぎてしまっても、12月31日までに届けば問題ありません。お正月に食べる生鮮食品を選んだ場合は、遅めに届くように贈りましょう。
年内にお歳暮を贈ることができなかった場合、関東は1月7日まで、関西は1月15日までなら、のし紙の表書きを「御年賀」に変えて贈ります。
それでも間に合わなかった場合には、2月4日の立春までに表書きを「寒中御見舞」に変えて贈れば大丈夫だそうです。

 
贈り方や時期などご紹介してきましたが、一番大事なのは「感謝の気持ちを伝える」ということです。
今年は日ごろの感謝を思い出しながら、心を込めてお品を選んでみてはいかがでしょうか♪

蛍光灯の生産が間もなく終了します!LED器具の選び方

2019.10.28更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
11月も近づき、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。体調はいかがでしょうか。
私は毎朝、暖かい布団の誘惑に戦いを挑む日々です。

*蛍光灯の生産終了*
さて、皆様のご自宅、照明はLEDでしょうか?それとも蛍光灯でしょうか?
国内の照明メーカーは、去年から今年にかけてだんだんと蛍光灯やその周辺器具の生産を終え始めています。
たしかに最近、電気屋さんなどでは蛍光灯に割引シールが貼られていたり、数が減ったりしていますよね。

蛍光灯は5年から10年以内にはすべてなくなってしまいます。その前に、現在蛍光灯を使っている方はLEDや有機EL照明へと更新する必要があります。
今回は、新しくLEDを設置する方のために基本の選び方をご紹介いたします。

*LED選びのポイント*
蛍光灯からLEDへ変える場合、今使っている蛍光灯の球をLEDの球に交換するだけというイメージの方も多いと思います。
しかしランプと器具には正しい組み合わせがあり、間違った組み合わせのものをそのまま使っていると発火・発煙などの危険性があります!
安全のためにも器具ごと交換することをおすすめしています。

室内のLEDはおよそ5種類に分けることができます。

★シーリング
天井に直接設置し、部屋全体を明るく照らすライト
★ペンダント
天井から吊り下げ、シーリングより狭い範囲を照らすライト
★ダウンライト
天井に埋め込み下方向を照らすライト
★ブラケット
壁面に設置するライト
★ベースライト
事務所や店舗などで天井に設置されている、蛍光灯に似た見た目のライト

これらはお部屋の雰囲気やスペースの広さに合わせて選ぶことができます。

また、器具にも種類があります。
湿気が多いキッチンや浴室には防水性能が高い専用の器具がありますので、その中から選ぶようにしましょう!

*LEDの寿命*
LEDの寿命は一般的に40000時間です。
1日8時間使用すると約13年間使用できる計算ですが、LEDは暑いところが苦手なため熱がこもる場所などでは寿命が短くなってしまいます。
またLEDは新機種が出るのが早く、販売して数年で廃番となってしまうことも多くあります。
照明器具の寿命も一般に10~15年といわれておりますので、安全のためには15年間隔で器具ごと交換していただくのがおすすめです!

*一体型のLED照明に注意!*
LEDには、器具とランプ部分、電源が一体となった製品が多くあります。
それらの製品はランプに寿命が来てもランプ部分だけを交換することができない恐れがあるので、注意が必要です。
使う頻度が高い場所や熱がこもるなどで寿命が短くなりそうな場所は交換できるLEDを選ぶ方が良いでしょう。

岡谷酸素では蛍光灯のリフォームも行っております!
照明器具を含めたリフォーム等をご検討の方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお近くの岡谷酸素までお問い合わせください♪

知っていますか?十三夜

2019.09.27更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
秋が深まり、朝夕は肌寒く感じるほどですね。出勤時に車のフロントガラスが曇っているのを見て「涼しくなったなぁ」と実感する日々です。
さて、今回は9月の十五夜に次ぐ月見イベント、十三夜についてご紹介します。

*十三夜とは*
十三夜は、「旧暦9月13日の夜にかかる月」のことです。旧暦は新月を境にひと月が切り替わっていました。そのため、十三夜は新月から13日目の月を指します。新月から満月になるまでは約15日かかるため、十三夜に出るのは満月ではなく少し欠けた月です。しかしこの頃になると空気が澄み、天気が崩れにくい季節になるためとても美しい月を見ることができるそうです。

*片月見とその由来*
十五夜は平安時代に中国から伝わった行事ですが、十三夜は日本独自の風習であるといわれています。平安時代の貴族たちは十五夜と十三夜をどちらも月見の行事として大切にしていました。そのため十五夜と十三夜のどちらか一方の月だけを見ることを「片月見」または「片見月」と呼び、縁起が良くないとして嫌いました。また、十三夜は十五夜を見た庭と同じ場所で見るべきとされています。

*十三夜のお供え*
月見といえば、お月様へのお供えも浮かびますね。十三夜でも十五夜と同じくお団子を供えるほか、この時期に旬を迎える栗や豆などを供えます。このことから十三夜の月は「栗名月」「豆名月」とも呼びます。
また、長野県北安曇郡では「小麦の名月」と呼ばれ、この夜の天気で次の年の小麦の豊作を占うという風習があるそうです。

ちなみに、今年の十三夜は10月11日(月)です。
今まで十五夜しか見ていなかったという方、今年からは十三夜も見てみませんか?もしかしたら「片月見」をしていた年よりも幸運に恵まれるかもしれません。

花火大会のあれこれ

2019.08.30更新 - カテゴリ[]

こんにちは!武居です。
ここ数日雨が多く気が滅入っていませんか?
今回は暗い気分を吹き飛ばす夜空の大輪、打ち上げ花火についてご紹介します。

*花火のはじまり*
日本の花火のはじまりは、江戸時代初期までさかのぼります。徳川家康がイギリスからの使者によって日本で初めて花火を見たのだとか。
(そこで見たのは吹き出し花火だったといわれています)
その後しばらくは海外の花火師に頼んで花火を打ち上げてもらっていましたが、徐々に日本でも花火を作り、打ち上げるようになりました。

*花火大会のはじまり*
江戸時代の中期。世間には、全国的な大飢餓や江戸で流行したコレラの影響で暗い雰囲気が漂っていました。これを晴らすため、当時の将軍徳川吉宗は死者の慰霊と悪霊退散を祈り両国大川(隅田川)で水神祭を催し、20発前後の花火を披露しました。これが日本で最も古い花火大会であるといわれています。

*「かぎや」と「たまや」*
水神祭の花火大会で打ち上げを担当したのが、当時の花火師の中で最も有名だった「鍵屋」6代目当主の弥兵衛という人です。鍵屋の主人は代々「篠原弥兵衛」という名を名乗り、鍵屋はのちに12代まで続く江戸でいちばん大きな花火屋でした。しかしその後、市兵衛という人が鍵屋から独立し「玉屋」という屋号で花火屋を作りました。それにより2大花火師の時代が始まります。

水神祭の花火大会では両国橋を挟んで上流を「玉屋」、下流を「鍵屋」が担当し、それぞれ花火の腕前を競いあいました。それに対し人々は「たーまやー」「かーぎやー」という掛け声をし、よりすごいと思う花火師を称えたのです。現代ではどちらかというと「たまや」の掛け声が有名である通り、当時も玉屋の花火のほうが人気だったのだとか。ちなみに、掛け声は花火が咲いてから散るまでの間「たーーーーまやーーーーー」と、ずっと声を出し続けているものだったようです。当時は20発ほどしか打ち上げなかったからできたことですが、現在の何万発も打ち上げる花火大会で掛け声をしたらとっても大変そうです!

*和火と洋火*
鍵屋と玉屋が活躍していた江戸の頃、花火といえば線香花火のように橙色一色のものでした。この、昔ながらの花火を「和火」といいます。
いっぽう化学技術の発展で登場した、化学薬品を使って様々な色を付けたカラフルな花火を「洋火」といいます。現在の花火大会ではこちらの花火が主流ですね!

 

日本三大花火大会のひとつである秋田県の「大曲の花火」や諏訪湖の全国新作花火競技大会など、今後もまだまだ花火大会は開催されます。
8月の花火大会を見逃してしまった方も、あきらめずに花火を見に行ってみませんか?
花火大会に行く際は、ぜひ1回正統派「たまやー!」の掛け声を試してみてください♪