岡谷酸素のバルク監視システムの主な特徴

毎日の残量がわかるためガス切れが皆無!です。
日々の使用量と残量から適正配車在庫(40%)となる日・ガスが切れる日を予測するため、将来の配車予定を作成でき、効率配車を行うことができます。
毎日、通報が上がるので、伝送装置の故障等が早期に発見できます。接点式が『待ちのシステム』に対して、このシステムは『攻めのシステム』といえます。
独自の予測方法により、GHPユーザー等日々の使用量変化が大きなお客さまの残量把握に対応できます。
現存するすべての種類の民生用バルク貯槽に対応できます。
伝送装置を既存のLPガス集中監視用のものを使用するため、安価で扱い易いのも大きな特徴です。現在はPHS・特定小電力無線等にて、あらゆる現場に対応できるようになりました。
すでに接点式にて、電話回線の通じているバルクへの導入は容易です。
予測帳票類を希望先に毎日自動FAXできます。複数の営業所がある場合などに特に有効です。

システムを導入することにより、各バルク貯槽のこんな情報をみることができます。

バルク監視システム画面例履歴を見る!

 

バルク監視システム画面例個別に見る!

 

バルク監視システム帳票例

 

計装機器類はこのように取り付けます。

システムの構成はこのようになります。

素晴らしいシステムができたので、他のガス屋さんにも使ってもらおうと言うわけで、このシステムを東洋計器(株)様を通じて、全国に販売しています。
約20社のプロパンガス販売事業者様でご採用頂いております。
※システムや監視用の構成機器の詳細に関しては、東洋計器(株)様ホームページをご覧下さい。

「業務用LPガス」についてよくあるご質問

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。