バルクタンク(バルク貯槽)の交換について教えてください。

新型バルク貯槽の場合、設置後20年(検査成績書の日付より20年)で開放検査、以後5年ごとに開放検査が必要です。
法的には設置後20年で開放検査(非破壊検査、耐圧試験、気密試験等)を実施することになっていますが、設置場所により現場での検査が出来ない場合(残ガス処理など)は新品交換なども考慮しなければなりません。
以後5年毎の検査になりますので、その費用を考慮して判断します。
その他、5年ごとに安全弁の検査を致します。

「業務用LPガス」についてよくあるご質問

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。