バルクによるガス供給方法と法規制

お客さまのガス使用量が多くなると、バルクによる供給となるケースが多くなります。バルクによるガス供給を行う場合は、ガス使用の用途・使用量・使用形態、タンクの設置スペースなどにより、必要なタンク、気化器、調整器、配管径などの供給機器が決まってきます。その選定された機器により、設置上の法規制が異なってくるのです。

1. プロパンガスの場合、その使用用途が
「民生用途」なのか?
「工業用途」なのか?
により、適用法令が変り設置上・管理上の規制・基準が変ります。

2. プロパンガスの使用用途が「民生用途」に該当する場合は、液化石油ガス法(液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律)により規制を受ける事になります。
貯蔵するプロパンガスの量により規制が変りますが、300kg、500kg、1t、3t、10tがポイントの数量です。

3. プロパンガスの使用用途が「工業用途」に該当する場合は、高圧ガス保安法により規制を受ける事になります。
貯蔵するプロパンガスの量により規制が変りますが、300kg、3t、10tがポイントの数量です。

「業務用LPガス」についてよくあるご質問

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。