知っていますか?LPガスを使うのに適用される法律が異なるケースがあることを。

LPガスを燃料としてガスボイラーで蒸気をつくります。その蒸気を利用したパネルヒーターで部屋の暖房をすれば、適用される法律は「液化石油ガス法」。全く同様に発生させた蒸気で、工場で食品を蒸煮させるのに用いると、適用される法律は「高圧ガス保安法」。LPガスを使用するのにもその用途が違うと適用を受ける法律まで変わってくるのです。当然、手続きや制約事項も全く異なってきます。

岡谷酸素に寄せられる多くの要望は、LPガスを使いたいのだけれど、どのような設備が必要なのか?設置場所はどの位の広さが必要なのか?法的手続きは?設置場所の制約事項は?というものです。国の規制緩和政策に伴い、バルク供給やマイクロコージェネが普及してきました。当社でもアルミ鋳造、焼成、蒸気ボイラー、コージェネレーション、空調用途など工業用、業務用にLPガスを使われる多くのお客さまに供給しています。先に述べたように、このような工業用、業務用にLPガスを一定量以上貯蔵して使用する場合は、供給方法、設備、関係法令(液化石油ガス法、高圧ガス保安法)など専門的な知識、技術が必要になってきます。

「業務用LPガス」についてよくあるご質問

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。