しあわせレシピ

手作りこんにゃく

2015.05.11更新 - カテゴリ[]

手作りこんにゃく

今回は、ミキサーを使用する作り方をご紹介します。

材料

・こんにゃく芋・・・1㎏
・凝固剤(貝殻焼成カルシウムまたは水酸化カルシウム)・・・8g(ネットか薬局にて購入できます。)

*必要な道具*
・ゴム手袋
・たわし(小さいサイズのものが使いやすいです。)
・ピーラー
・包丁・まな板
・ミキサー
・ボウル(大きいものと小さいものをご用意ください)
・泡だて器
・計量カップ
・大きめの鍋
・バット

作り方

1、※必ず、ゴム手袋をしてください。こんにゃく芋をたわしでよく洗います。皮むきはしなくてもよいです。(皮を残すと黒いこんにゃくに、皮をむくと白いこんにゃくになります。)その後、一口大くらいに切ります。

2、50℃のお湯を3,300cc(お湯は、こんにゃく芋の約3.3倍の量)用意し、ミキサーに適量の芋とひたひたになる量のお湯(ミキサーに約1/3の量)を入れ、約1分間ミキサーにかけます。かけ終わったものは大き目のボウルに入れます。※お湯は、3,300cc使い切ってください。

3、2を泡だて器で再度全体を攪拌し、そのまま40分間置きます。その後、糸が引き、光沢が出るまで10分ほど手で力強く練っていきます。

 

 

4、小さめのボウルに200ccの水を入れ、8gの凝固剤を溶きます。それを③の中に一気に入れ、素早く混ぜながら全体が均一にのり状になるまでよく練りこみます。できたらバットに移し、空気を抜くように手で強く押さえるように平らにします。仕上げに手に水をつけて撫でると表面がなめらかになります。できたら約20分置き、バットからまな板に移し適当な大きさに切ります。鍋にお湯を沸かし、沸騰したお湯の中に入れ40分ほど茹でます。

5、茹であがったら火を止め、しばらく置いておくとこんにゃくが熟成して弾力が出ておいしくなります。

 

◆保存方法
茹でた水に浸した状態で冷蔵庫に入れておくと、10日間保存可能です。