しあわせレシピ

皮から作るイカ餃子

2011.11.24更新 - カテゴリ[]

皮から作るイカ餃子

ボリュームたっぷり。
生姜とイカがベストマッチです。

材料 4~5人分

【皮】
強力粉…200g
米粉…100g
塩…小さじ1.5
水…150cc
【具】
・豚ひき肉…180g
・イカ(切り身)…200g
・キャベツ…200g
・玉ねぎ…100g
・ニラ…1/2把 【調味料】
・塩…小さじ1
・鶏がらスープ…小さじ1
・しょうゆ…小さじ1
・砂糖…小さじ1
・生姜…大さじ2
・コショウ…少々

準備

【皮】
・強力粉と米粉をふるいにかけ、塩を入れてよく混ぜておきます
【具】
・キャベツ、玉ねぎ、ニラはみじん切りにします
・イカは1cmに細かく切る

作り方

【皮】
1、粉類に水を少しずつ入れながら混ぜます。(米粉が水分を吸って最初はパサつきますが、こねているあいだにまとまってくるので途中で水を追加しなくても大丈夫です)

2、生地がまとまりだしたら、台に出してしっかりこね、耳たぶほどの固さになったら、生地を30分寝かします。(寝かすことで焼いたときのパサつきを抑えます)

4、10gずつにわけ、たっぷり打ち粉をして麺棒で7~8cmに伸ばします。※皮はすぐに乾いてしまいますので、伸ばした皮にはラップをかぶせて下さい

【具】
1、豚ひき肉に調味料を全て入れて混ぜます

2、切った野菜を入れて混ぜます(あまりこねすぎないように)

3、イカを入れてざっくりと混ぜます
※生地を寝かせている間に「あん」を作ると効率よくできます。

4、あんを皮の中央に乗せ半分に折り、ひだを寄せながら包みます。

焼き方

今回はSiコンロの「早切れ防止器能」を活用して焼いていきます。
1、フライパンを熱します。フライパンがだんだん熱くなり、温度センサーが260℃を感知すると火が小さくなります。(ピピッという音が合図です)

2、火が小さくなったら油を引いて餃子を並べ、水を200~250cc入れてフタをして蒸焼きにします(このとき、火は大きくなります)
この間、中の餃子がどうなっているのかは気にしなくて大丈夫です。

3、再び、コンロの火が小さくなったらフタを開け、水分を飛ばして完成です。

かわいい金魚ちゃん餃子

1、しっぽを作るため、具を写真のようにずらして置きます
kingyo1.jpg

2、生地の左右を均等に合わせて、先の部分を具の始まりまで折り曲げ、具が出ないようにしっかりはさみます
kingyo2.jpg

3、具の終わりまでひだを作りながら包みます
kingyo3.jpg

4、具の終点の生地をしっかりとつまんで止めます。
kingyo4.jpg

5、最後に尻尾になる部分の生地を開いて完成です。
kingyo6.jpg