蓄電池

蓄電池

もしもの時に電気を使える蓄電池を取り扱っております。ご家庭に蓄電池があると、こんなことができます。
・電力単価の安い夜間に電気をためて、単価の高い昼間に使うことで、月々の電気料金を節約でき、社会全体の電力使用のピークシフトに貢献します。
・太陽光で昼間に発電した電力をためて、夜間に使うことで、クリーンなエネルギーを地産地消することができます。
・あらかじめためておいた電気を使うことができるので、もしもの停電時でも安心して生活できます。

蓄電容量については、お客様のご要望に合わせてご提案いたします。

燃料電池~エネファーム~

当社で供給しているLPガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて電気を発生させるのが、家庭用燃料電池「エネファーム」です。発電時に発生する熱も有効活用し、お湯を作ってキッチンやお風呂で使うこともできます。自家発電で電気代を節約し、排熱を利用してCO₂の排出も抑える、エネファームは家計にも環境にもやさしいコージェネレーションシステムです。

エネファームを設置したらどうなるの?

SOFC型エネファームを4人家族のお宅(電力需要:450kWh/月)に設置した場合、予測発電量は3,700kWh/年!概ね一年間に使う電気の7割を補う事ができます。使用するガスについては、ガス販売店がエネファーム用のお得な料金を設定しています。また、太陽光発電とのW発電を行うと、1日中発電するSOFC型エネファームの発電分で自宅での消費量がほぼ賄えてしまうので、太陽光発電からの売電量が増加します。環境に優しく、月の電気料金も減らしてくれるのがエネファームです。

エネファームってなにができるの?(PEFCの場合)

家庭用燃料電池「エネファーム」は、【電気】と【お湯】を作ります。その作った【電気】と【お湯】で何ができるのでしょうか?お湯は貯湯ユニットに60度前後で蓄えられ、自宅の給湯に使われます。また、暖房用の温水としてその熱を利用します。お湯の作り方こそ違いますが、暖房も1台でできるガス風呂給湯器といえます。一方、【電気】は家の分電盤で連系され、作った電気は全て家で消費されます。学習発電モードが搭載されており、過去のデータに基づいて最適な運転を行います。万が一急なお湯の使用があった場合は、バックアップ熱源器が即給湯するため、お湯切れの心配はありません。

新型エネファームも活躍中!!(SOFCの場合)

既に十分な性能を発揮しているエネファームですが、SOFC型エネファームも活躍しています。SOFC型と従来のPEFC型は、「お湯と電気を作る」事は変わりませんが、発電については違いがあります。SOFC型は、なんと24時間発電します。また、従来型よりも発電効率が8%程上昇している上に、バックアップの熱源器はなんとエコジョーズが搭載されています。これにより、一般的な家庭で従来機だと電力の5~6割を賄える計算でしたが、SOFCでは7割を賄えるようになりました。PEFC、SOFCともに普及拡大が進んでいます。

エネファームのしくみ

右下の図はエネファームの仕組みです。原料のうち、酸素は空気を使いますが、水素は空気中にはありません。そのため、都市ガスやLPガスといった燃料を燃料処理装置(改質器)に通して水素を取り出しています。酸素と水素が揃った所で、両方をPEFCスタック(固形高分子形燃料電池)に入れると、そこで電気と熱が取り出せます。発電する電気は直流ですのでインバーターを通し交流に変換して使用します。燃料処理装置とスタックから発する熱を使ってお湯をつくり、タンクに貯めます。お湯はお風呂などの給湯の他、暖房用の熱源としても使用されます。この仕組みにより、エネルギー利用率は70~80%に達します。発電所からの電気が35~40%なのと比べるとその差は歴然ですね。CO₂については油炊きボイラーと比べると年間のCO₂削減量は約1.2t。約2,200㎡の森林が一年間に吸収するCO₂量に相当します。 エネファームに使われている燃料電池はPEFC「固形高分子形燃料電池」です。PEFCは運転温度が低く(80~90度)、運転停止後の再始動が早い特徴があります。常に運転している燃料電池発電所と違い、エネファームはお湯を作りながら発電する為、お湯のタンクが満タンになると停止します。一日の内で運転したり停止したりを繰り返しますので、再始動が早いPEFCはエネファームに向いていると言えますね。

万が一、タンクのお湯が足りなくなった時はバックアップの熱源機(ガス給湯器)が足りない分を即時補いますので、お湯切れで困ることはありません。 また、エネファームで作られる電気は最大750W、年間で自宅の電気量の1/3から1/2を賄えます。(お湯の消費量等によって運転時間が変わります)エネファームは節電を目的の一つとして開発された製品の為、作った電気は全て家庭で消費する事になります(エネファーム単独で売電はできません)。 現在では、更に発電効率の良いSOFC(固体酸化物形燃料電池)の設置も進んでいます。

住宅用太陽光発電

私たちは、エネルギーを消費せずに生活することは不可能ですが、できるだけCO₂の排出が少ないエネルギーや、CO₂を排出しないエネルギーを選択することは可能です。太陽光発電による電気は、CO₂を排出しないエネルギーの代表。そんな太陽光発電システムに当社だからできる「経済性」「環境性」「安全性」などを付加し、お客様の「暮らし」のお役に立つことを目指しています。

住宅用太陽光発電の仕組み
1. 太陽の「光」を受けて【太陽電池モジュール】が直流の電気を起こします。(発電)
2. 【接続箱】で屋根から下りて来るたくさんのケーブルをまとめます。
3. 【パワーコンディショナー】がモジュールで作った直流の電気を住宅で使える交流の電気に整えます。
4. パワーコンディショナーで整えた電気は【分電盤】で住宅の電灯回路に接続され、電力会社の電気よりも優先して自宅で使われます。(自家消費)
5. 作って使ってなお余った電気は、売電用のメーターを通って電柱へと逆流していきます。(売電)

昼間に発電して余った電気は電力会社に売ることができます。
また、発電できない夜間などには逆に電力会社から電気を購入します。
これらの切り替えは自動的に行いますので手間もかからず安心です。
売る電気の価格は年度ごとに検討・変更されます。

その他~省エネ~

断熱性能を高め、熱の出入りを減らす

熱の出入りが大きいのは主に窓で、屋根や壁からも一定量出入りしています。それらの断熱性を高める事により、空調負荷の軽減ができます。たとえば、窓を二重サッシやペアガラスにかえる、外壁の外断熱化、屋根には遮熱塗装の塗布や太陽光パネルの設置。その他、熱交換換気システムの導入やカーテン、ブラインドの設置などが挙げられます。

遮熱塗装

夏の暑い日、冷房を切るとどんどん室温は上がっていきます。
夏の強い太陽光の赤外線を屋根や壁が吸収して温度が上昇し、室内を暖めているからです。
遮熱塗装をした屋根や壁では赤外線を反射し、温度の上昇を防ぐことによって次のようなメリットがあります。

・夏場の冷房費を節約できる。
・冷房の使用時間の削減により、CO₂の排出削減にもつながる。

このようなメリットが塗るだけで実現できます。

省エネ給湯器

エコジョーズ

家庭で消費されるエネルギーの1/3は給湯で消費されています。
この給湯のエネルギーを削減できれば、給湯にかかるコストも削減できます。
「エコジョーズ」は給湯時の排熱を利用してガス消費量を低減しCO₂の排出も削減できる省エネ給湯器です。
エコジョーズを取り付けると、ガスの消費量が減るのはもちろんですが、当社ではガス給湯器をご利用のお客様向けの料金プランを用意しておりますので、ガス代がとてもお得になります。

 

LPガス省エネ・創エネ住宅リフォーム電気美容・健康取扱商品についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。