燃料電池~エネファーム~

当社で供給しているLPガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて電気を発生させるのが、家庭用燃料電池「エネファーム」です。発電時に発生する熱も有効活用し、お湯を作ってキッチンやお風呂で使うこともできます。自家発電で電気代を節約し、排熱を利用してCO₂の排出も抑える、エネファームは家計にも環境にもやさしいコージェネレーションシステムです。

エネファームを設置したらどうなるの?

SOFC型エネファームを4人家族のお宅(電力需要:450kWh/月)に設置した場合、予測発電量は3,700kWh/年!概ね一年間に使う電気の7割を補う事ができます。使用するガスについては、ガス販売店がエネファーム用のお得な料金を設定しています。また、太陽光発電とのW発電を行うと、1日中発電するSOFC型エネファームの発電分で自宅での消費量がほぼ賄えてしまうので、太陽光発電からの売電量が増加します。環境に優しく、月の電気料金も減らしてくれるのがエネファームです。

エネファームってなにができるの?(PEFCの場合)

家庭用燃料電池「エネファーム」は、【電気】と【お湯】を作ります。その作った【電気】と【お湯】で何ができるのでしょうか?お湯は貯湯ユニットに60度前後で蓄えられ、自宅の給湯に使われます。また、暖房用の温水としてその熱を利用します。お湯の作り方こそ違いますが、暖房も1台でできるガス風呂給湯器といえます。一方、【電気】は家の分電盤で連系され、作った電気は全て家で消費されます。学習発電モードが搭載されており、過去のデータに基づいて最適な運転を行います。万が一急なお湯の使用があった場合は、バックアップ熱源器が即給湯するため、お湯切れの心配はありません。

新型エネファームも活躍中!!(SOFCの場合)

既に十分な性能を発揮しているエネファームですが、SOFC型エネファームも活躍しています。SOFC型と従来のPEFC型は、「お湯と電気を作る」事は変わりませんが、発電については違いがあります。SOFC型は、なんと24時間発電します。また、従来型よりも発電効率が8%程上昇している上に、バックアップの熱源器はなんとエコジョーズが搭載されています。これにより、一般的な家庭で従来機だと電力の5~6割を賄える計算でしたが、SOFCでは7割を賄えるようになりました。PEFC、SOFCともに普及拡大が進んでいます。

エネファームのしくみ

右下の図はエネファームの仕組みです。原料のうち、酸素は空気を使いますが、水素は空気中にはありません。そのため、都市ガスやLPガスといった燃料を燃料処理装置(改質器)に通して水素を取り出しています。酸素と水素が揃った所で、両方をPEFCスタック(固形高分子形燃料電池)に入れると、そこで電気と熱が取り出せます。発電する電気は直流ですのでインバーターを通し交流に変換して使用します。燃料処理装置とスタックから発する熱を使ってお湯をつくり、タンクに貯めます。お湯はお風呂などの給湯の他、暖房用の熱源としても使用されます。この仕組みにより、エネルギー利用率は70~80%に達します。発電所からの電気が35~40%なのと比べるとその差は歴然ですね。CO₂については油炊きボイラーと比べると年間のCO₂削減量は約1.2t。約2,200㎡の森林が一年間に吸収するCO₂量に相当します。 エネファームに使われている燃料電池はPEFC「固形高分子形燃料電池」です。PEFCは運転温度が低く(80~90度)、運転停止後の再始動が早い特徴があります。常に運転している燃料電池発電所と違い、エネファームはお湯を作りながら発電する為、お湯のタンクが満タンになると停止します。一日の内で運転したり停止したりを繰り返しますので、再始動が早いPEFCはエネファームに向いていると言えますね。

万が一、タンクのお湯が足りなくなった時はバックアップの熱源機(ガス給湯器)が足りない分を即時補いますので、お湯切れで困ることはありません。 また、エネファームで作られる電気は最大750W、年間で自宅の電気量の1/3から1/2を賄えます。(お湯の消費量等によって運転時間が変わります)エネファームは節電を目的の一つとして開発された製品の為、作った電気は全て家庭で消費する事になります(エネファーム単独で売電はできません)。 現在では、更に発電効率の良いSOFC(固体酸化物形燃料電池)の設置も進んでいます。

LPガス省エネ・創エネ住宅リフォーム電気美容・健康取扱商品についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。