ひだまりCafe

岡谷酸素社員によるブログ。
日々のようすをお伝えします

春野菜の栄養と活用レシピ

2019.03.25更新 - カテゴリ[]

こんにちは!
日中は暖かい日が続いていますが、夜になるとまだまだ寒いですね。季節の変わり目なので体調には注意したいですね。
今回は、春野菜の栄養とレシピを紹介いたします。

*春野菜の栄養と効能
【キャベツ】
キャベツは、ビタミンCが豊富に含まれており、外側の葉3枚で成人が1日に必要なビタミンCを摂取できます。ビタミンCは、免疫力アップや風邪予防、美肌効果も期待できます。また、ビタミンU(キャベジン)とビタミンKが多く含まれているので、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の改善に良いとされています。食物繊維も多く含まれており、便秘解消にもなります。
ただし、1日1玉など多く食べすぎると逆効果になってしまいますのでご注意ください。

【ニラ】
ニラの臭いのもとは、硫化アリルの一種であるアリシンという物質です。アリシンには、ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があると言われています。また、免疫力を高めがん予防の効果があるとも言われています。

【アスパラガス】
アスパラガスには、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が含まれており、新陳代謝を促し疲労回復やスタミナアップに期待できると言われています。主穂先に含まれる「ルチン」には、血管を丈夫にする働きがあると言われています。 ビタミンCを多く含む食材と合わせると、ビタミンCの吸収効率を高める作用もあると言われています。

春野菜と言っても様々な種類の野菜がありますね。今回は上記で紹介した野菜を使用したレシピを、「しあわせレシピ」掲載の中から選びました。どのレシピも、春野菜を美味しく味わうことが出来ます。本日の食卓の一品としていかがでしょうか?

*おすすめレシピ
さわらと春野菜のレンジ蒸し

キャベツたっぷりとんぺい焼き

簡単チヂミ

春巻きスティック

もうすぐ新しい生活が始まり何かと忙しくなりますね!
春野菜を食べて身体を元気にしましょう。