LPガスの単位のm³(りゅうべい)とはどの位の量ですか?

LPガスは取引の単位として、通常m³(立方メートル、立米)を使います。

また、業務用の大型の機械ではガスの消費量を表す単位として〔Nm³、m³N〕が使われたりします。ここで使われるNは標準状態(その気体の温度が0℃で圧力が1気圧の状態)を意味します。大きさで表すと、1m×1m×1mの立方体が1m³になります。

LPガス1m³をご家庭で使用する場合、風呂ならば春の季節で3~4回分、木造7畳用のファンヒーターなら、最大火力で連続約11時間、ガスコンロならコーヒー約900杯分のお湯を沸かすことができます。

立米とは、主に建築業界、水道、ガス業界などで立方メートルと同じ意味で使われ、正しくは〔りゅうべい〕と読みます。似た単語に〔平米・へいべい m²〕があります。

LPガスは容器の中では液体の状態で貯蔵されており、このときには重量〔kg〕で量りますが、液体のLPガス1kgが気体に変わると、およそ0.5m³になります。

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。