太陽光発電とは?

太陽光発電は従来の集中型電源とは様々な点で異なる特徴を持っています。
(集中型電源とはいわゆる大きな火力発電所や原子力発電所など)電源としては、昼間時のみに発電することが最大の特徴です。また、再生可能エネルギーの一種であり、二酸化炭素(CO₂)などの温室効果ガスの排出量削減に貢献し、運転用燃料の調達リスク(=コスト)がありません。今のところの最大の欠点は、商業電源としての導入コストが比較的高くそれに伴い発電コストも上昇してしまうところです。日本でも価格低減や普及促進の政策が導入され始めています。

一般に以下のような長所や短所があります。

利点・特徴

■分散型電源のため、災害などにおける非常用電源として使用することもできる。
■他の電力施設と比較して小規模でも効率が低下しないため、任意の規模での利用が可能。
■需要地に近接して設置できるため、送電のコストや損失が低減できる。
■水力・原子力・火力の各発電と比較して、設置面積や用件が少なく、建設交渉が容易。
■原子力・火力等の発電と比較して、冷却水・廃棄物・排気などが発生しない。
■建築物の屋根・壁面にも設置できるため、用地を占有しにくい。
■太陽光を利用する再生可能エネルギーであり、化石燃料に依存しない。
■発電時に温室効果ガスを排出しない。
■出力ピークが昼間の電力需要ピークと重なり、需要ピーク電力の削減に効果がある。
■設置国のエネルギー自給率を向上させる。

欠点・課題

■発電電力が天候に左右される。
(曇天・雨天時、パネルに積雪した場合は、発電量が低下する)
■夜間は発電できず、蓄電性もない。
■太陽光利用のため、設置面積あたりの発電電力量が既存の発電方式に比べて低い。

余剰電力買取制度について

太陽光発電による電気が、自宅等で使う電気を上回る量の発電をした際、その上回る分の電力を、10年間固定で電力会社に売ることができる制度です。
平成30年度の買取価格は、住宅用(10kW未満)26円/kWh、住宅用(10kW以上)及び非住宅用18円/kWh+税となっています。
平成31年度は、10kW未満24円/kWh、10kW以上は未定です。(2018年2月1日時点)。

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。