目の安全 保護めがねについて

人間は外界の情報の80%以上を視覚(眼)から得ると言われています。眼は、人間の体の中でも再生機能をほとんど持たない器官とも言われています。
眼球の表面積は体表面積全体の約600分の1で、換算すると約0.17%になります。それに対し眼の労働安全災害の約30%にも達します。
0.17%に対して30%・・・いかに眼の災害が多いかが、お分かりいただけると思います。

保護メガネとは

モノを見るとき、作業時に発生する飛来物、浮遊粉塵から眼を保護するために、光学性能、耐衝撃性、耐摩耗性にもとづいて作られています。
乱視矯正メガネを、保護メガネの代用として作業をしている人をよく見かけますが、これは裸眼で作業をしていることと同じです。
視力矯正用メガネは近視、遠視、乱視の屈折異常または老眼を矯正して物体の存在や形状を確認する目の能力の回復をはかるための物で保護具とは異なります。・・・・・保護メガネは万能ではなく、正しく使用してこそ安全性が高まります。
これらの機能を発揮するため使用方法、保守点検に注意が必要です。
使用方法を誤ると、眼に異物が入りやすくなったり、めがねが傷ついたり外れたりします。

保護メガネのお手入れ方法

レンズにゴミ、ホコリ、鉄粉や油類が付着した場合は中性洗剤を薄めた液にレンズをひたし、指先で汚れを落としたあと、柔らかい布地などで軽く拭いてください。

保護メガネの寿命

使用状況(場所)や、1日の使用時間によって変わってきますが
・レンズに傷がつき、見えにくくなった場合
・フレームに、割れや傷がついた場合など
は交換時期です。

 

一覧に戻る

高圧ガス溶接医療電気省エネ・創エネ家電取扱商品電力業務用LP法律についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。