SUS201、202などの非磁性体ステンレスを見分ける方法

ニッケルなどのステンレスの原料となる金属が高騰しているなか、これらの成分が少ないSUS201、SUS202とSUS304などとは見分けることが困難です。
SUS201やSUS202は、SUS304と比較すると、耐食性が劣ります。

オーステナイト系のSUS304やSUS316は磁石がつかないという特徴があります。
したがって、従来は磁石によって見分けるマグネット法が一般的でした。
しかし、最近では、SUS201やSUS202をこれらのステンレスと偽るケースが出てきていると聞きます。
これらのSUS200系は非磁性体のため、マグネット法では判別ができません。

これらの判別には、新日鐵住金ステンレスとケミカル山本が共同開発したマンガンチェッカーが有効です。

一覧に戻る

高圧ガス溶接医療電気省エネ・創エネ家電取扱商品電力業務用LP法律についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。