溶接ひずみの原因は?

薄板の溶接を行う場合、TIGで溶接される場合が多いと思います。溶接によるひずみの原因は、単位時間当たりの入熱が過大なことが原因です。特にTIG溶接の場合は、溶接速度が遅いので、ひずみが出ることが多いのです。この場合、製品自体本来は0.3mmや0.5mmなど1mm以下の板厚でも十分な強度が得られる場合もあるかと思いますが、板厚が薄くなると熱によるひずみの影響が大きくなるため、あえて1.5mmや2mmなどの板厚をやむを得ず選択されているケースもあるのではないでしょうか。

ひずみ対策は
1)TIG溶接のスピードをアップする
2)熱を逃がす
3)溶接方法を変える
の3種の方法から選択されます。

一覧に戻る

高圧ガス溶接医療電気省エネ・創エネ家電取扱商品電力業務用LP法律についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。