CO2溶接で炭酸ガスの流量はどのくらいに設定すればよいですか?

CO2溶接では、溶接中にアークと溶融金属とを覆い、空気が溶接雰囲気内に侵入することを防ぐために炭酸ガスをシールドガスとして用います。ガス流量は少なすぎると風の影響を受けやすく、多すぎるとガスに乱流が発生してブローホールの原因になります。一般的に風の影響ない室内の場合は、ノズルと母材との距離が20mmの場合は20L/minです。少しでも風の影響可能性がある場合は25L/minくらいがよいでしょう。また薄板溶接時でノズル・母材の距離が短い場合は15L/minが良いと思います。

トーチの部品でオリフィスはガスの整流を行うともにトーチ本体のガス出口にスパッタが付着するのを防いでいます。また、ガスの乱流はノズル内に付着したスパッタでも起こります。ガスの整流が得られるようにノズル内部の清掃と、正しい部品を使うことが大切です。

一覧に戻る

高圧ガス溶接医療電気省エネ・創エネ家電取扱商品電力業務用LP法律についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。