CO₂MAG溶接の特徴および溶接条件とその影響

被覆アーク溶接と比較すると、CO₂/MAG溶接には、次のような長所、短所があげられます。

長所としては、

1、溶着速度が大きい。
2、アークの集中性が良いため溶込みが深い。
3、スラグの生成も少なく、除去の必要性も少ない。
4、アーク発生率が高く、溶接経費が安い。
5、溶接金属中の水素量が低く、耐割れ性および機械的性質が良好である。

逆に短所としては、

1、風速2m/秒以上の風に対しては、遮蔽するなどの防風対策が必要。
2、CO₂/MAG溶接機が高い。
これらの長所、短所を総合的に被覆アーク溶接と比較すれば、CO₂/MAG溶接が、高能率で、経済的な溶接方法であることがお解かりになると思います。またロボットなどの自動溶接では、そのメリットを最大限に発揮します。

CO₂/MAG溶接では、溶接速度や溶接電流などさまざまな要因によって、ビード外観、溶け込み深さ、スパッタの発生状態などが変化します。トーチ角度の角度、ノズルの高さ、母材間との距離、アーク長などが多くの部分に影響を与えます。

一覧に戻る

高圧ガス溶接医療電気省エネ・創エネ家電取扱商品電力業務用LP法律についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。