やってますか?溶接機のメンテナンス

溶接機は部品構成要素も多く装置も複雑になっています。機器の突然の故障は、納期の遅延などの大きなダメージを伴うこともあります。できれば避けたいものですね。それには、日頃の適切な保守及び管理を行う事が大切です。日々の確認は溶接機の性能を常時100%発揮させる為にも、また機器の寿命を長く保つ為にも欠かすことが出来ません。
日々のメンテナンスのポイントを簡単にご紹介いたします。

溶接機器の設置場所

1. 高温の場所を避け、湿気やほこりの少ない屋内に設置されていますか。
2. 溶接機器、ガスボンベは直射日光に当っていませんか。
3. 溶接電源は壁から30㎝以上離していますか。
4. 1台毎に正規の容量の開閉器、遮断機を設けていますか。
5. ガスボンベは倒れないように固定し直立させて使用していますか。
6. ガス調整器等の接続部からガス漏れはしていませんか、フロート形流量計は、垂直に取り付けられていますか。

溶接機 日常点検のポイント

溶接電源とケーブル類の点検項目
1. 実働時に電源内部から異常な騒音や臭気・発熱がありませんか。ケーブル接続部に異常な発熱がありませんか。
2. 電源電圧の変動が大きくありませんか。(電源電圧の正常値は200Vです。180~220Vの範囲でご使用になれます。)
3. ケーブル類は十分な太さの物を使い、ケーブル・ホース類の結線不良、焼損、破損、つまり等はありませんか。1次側・2次側のケーブル端子は完全に締め付けられ、ビニールテープ等で絶縁されていますか。
4. 溶接機のケースアースは正しく接地してありますか。

ワイヤ送給装置の点検項目(CO2溶接)

1. フィードローラは使用ワイヤ径と一致していますか。
2. フィードローラの溝が詰まったり、磨耗していませんか。
3. ローラの表面が傷ついたり、油が付着していませんか。
4. 送給装置にスッパタが当っていませんか。
5. 送給装置から異状な音が出ていませんか。
6. ワイヤに錆、油の付着やほこりがかぶっていませんか。

溶接トーチの点検項目

1. トーチを乱暴に取り扱っていませんか。
2. トーチー等を熱い母材上に這わしていませんか。
3. トーチケーブル・(ホースカバー)は破損していませんか。
4. チップ、コンジェットチューブはワイヤ径と一致していますか、短くなったり穴径が大きくなっていませんか。
5. ノズルのスパッタはこまめに取り除いていますか。
6. オリフィスは挿入されていますか。(入っていないとガスシールドが不均一となり、溶接不良、欠陥の原因となります。)

一覧に戻る

高圧ガス溶接医療電気省エネ・創エネ家電取扱商品電力業務用LP法律についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。