溶接とは?

溶接という言葉を知っている方は、多いはず。でも、どういう原理で溶接ができるのか、知っている方は少ないでしょう。ここでは、溶接について、お話いたします。

溶接は、材料の一部を溶接機により、溶融または、圧着して接合する加工方法で、あらゆる分野で使用されています。鉄骨や鉄筋などの建築物や機械、車など日常生活で出会う多くのものに溶接は使用され、現代には不可欠の技術といえるでしょう。この溶接にもいくつかの種類があります。

溶接は大別すると、融接、圧接、ろう付の3つの方法があります。融接は、接合部に溶融金属を生成または、供給して接合する方法です。圧接は接合部を加圧した状態で、ガスまたは、電流による加熱で局部的に溶融または、塑性変形を与えて接合する方法です。ろう付は接合される母材は全く溶融せずに別の金属(ろう材)が溶融して接合されます。

各種の溶接は大別すると下記のようになっています。

一覧に戻る

高圧ガス溶接医療電気省エネ・創エネ家電取扱商品電力業務用LP法律についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。