災害時対応型LPガスバルク供給システム事例

■LPガス災害対応バルク導入経緯

災害時に自社の社員だけでなく、地域の方々の避難所として利用できるよう自治体と協定を締結し、工場の増設に合わせて設備を導入しました。普段は工場の生産ラインにてLPガスをご使用いただいています。

小型発電機はバルク横に保管ボックスを置き収納しています。

■補助金申請スケジュールの一例


※申請時の注意点※
避難所指定の申請は各自治体によって申請期間が異なりますので、事前の相談をお願いいたします。機器の納期によって補助金申請が可能かどうかが決まります。

■LPガス災害対応型バルク3tタイプで災害時にできること

☆3tのバルクに1.5t(50%)の備蓄があった場合に使用できる設備
①発電機 三相200V コンプレッサーを動かし、貯水槽の水を使用できます。
②炊き出し用LPガス機器 お湯を沸かしたり、調理を行うことができます。
③LED投光器 夜間緊急時に最低限の明かりを確保できます。
④自立運転型GHP 停電時にも空調機を動かして冷暖房ができます。

これらの設備を3日間、使用することができます。

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。