ひだまりCafe

岡谷酸素社員によるブログ。
日々のようすをお伝えします

今年の冬は「めざせ☆乾燥・冷え知らず!」

2016.10.25更新 - カテゴリ[]

風もスッカリ冷たくなって、冬の訪れを少し感じる季節になりました。
冬は「冷え」・「乾燥」で手足が冷えて眠れない、手や足が荒れて痛い!
冬になって悩む前に、ちょっとの工夫でしっかり冬支度をしましょう。

*こんなときは乾燥要注意*
・お湯でのお皿洗いは手の皮脂も一緒に洗い流してしまいます。
しかも、洗剤を使っているのでより皮脂を洗い流しています。お皿を洗うときにはゴム手袋をしましょう。

・お風呂あがりは体温が上昇し水分が蒸発しやすいため、思った以上に乾燥してしまいます。
早急なケアが重要!

・事務仕事は、紙やパソコンのキーボードにより手の水分・油分を吸い取り、指先がカサカサになることも。
作業の前に軽くハンドクリームを塗ると効果的です。

・唇が乾燥すると舐めてしまいがち。でもそれは一時的な保湿で、実は逆効果。
必ずリップクリームでケアしましょう。

*おすすめ乾燥対策アイテム*

・ゴム手袋:水仕事の強い味方です。
・ハンドクリーム:尿素が配合されたものが効きます。
・入浴剤:保湿成分が配合されたものがオススメ。
・UVカットリップクリーム:紫外線を防いで保湿もしっかり。

*簡単!手荒れ・ひび割れケア*
【用意するもの】
・ハンドクリーム
・タオル
・木綿の手袋
・靴下

【方法】
1、乾いたタオルでしっかりと水気を吸いとります。
2、ハンドクリームを気になる部分に適量塗りこみます。
3、手袋、靴下を履いて完了。
※手足に水分がある水仕事のあとやお風呂上りにケアするとGood!
悪化してからでは治りが遅いので、普段からのケアを心がけましょう。

*冷え対策チェック*
□手足が冷たい
□お腹や太ももに触ると冷たい
□基礎体温が36.5℃以下
□顔がほてる
□足がむくみやすい

1つでも当てはまったあなたは冷え体質かもしれません。
冷え体質は、頭痛や貧血、生理不順、肌荒れなどの体調不良を引き起こします。

*おすすめ冷え対策アイテム*

・湯たんぽ:寝る前に布団に入れておけば夜も快適。
・カイロ:特に冷える日、おでかけするときの必需品。
・腹巻き:お腹は体の中心。絶対に冷やしてはダメです!
・ひざ掛け:下半身も完全防備。
・レッグウォーマー:ふくらはぎを温めると足先までぽかぽか。

*お風呂に入って体の芯までぽっかぽか*
ポイントはぬるめのお湯で体の芯まで温まることです。
38~39℃のお湯に30分以上浸かる半身浴がオススメです。
汗をかくことで自律神経を刺激し、血行がよくなります。また、代謝も高まるためダイエットにも効果的です。
※半身浴をする際は上半身を冷やさないよう乾いたタオルを一枚羽織ることをオススメします。