屋根

・太陽光発電システム関連 ・太陽熱温水器  

太陽光関連

太陽光発電システムの雪対策にはスノートラス

雪による太陽光発電の主なトラブルは、以下の3種類です。
1.落雪による被害
2.雪の重みで発電装置や建物が損傷
3.雪が積もっていると発電しない

太陽光パネルの表面はガラスのため、スレートや瓦などの屋根材と比べて、滑り落ちやすくなります。また、落雪の勢いが強くなり、通常よりも遠くまで雪が飛んでしまいます。少量の雪なら大したことはありませんが、大量の雪が積もった場合は、思わぬ事故につながることもあります。よくある事故が、「車のボンネットがへこんでしまった」、「隣の植栽を倒してしまった」、「通行人に当たり怪我をさせてしまった」などです。積雪がある地域では、屋根から大量の雪がドサッと落ちないように、屋根に「雪止め」を設置していますが、太陽光発電システムを屋根面一杯に設置してしまうと、この雪止めの効果が出なくなることがあります。そこで、軒先側にきちんとスペースをとって、雪止めがきちんと機能するように設置することで、落雪対策となります。

スノートラス
せっかく太陽光発電を設置するなら、目一杯設置したくなる気持ちもあるかと思います。そういった場合には、落雪防止設備を使うのも一つの手です。軒先に金網のような落雪防止装置「スノートラス」を設置することで、雪を止める設備です。「太陽光パネルの上に雪が積もっている場合には軒下に入らないこと」、「落雪の可能性がある場所には、壊れそうな物を置かないこと」も、トラブル対策として大切ですね。

 

LPガス省エネ・創エネ住宅リフォーム電気美容・健康取扱商品についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。