溶接とは?

溶接という言葉を知っている方は、多いはず。でも、どういう原理で溶接ができるのか、知っている方は少ないでしょう。ここでは、溶接について、お話いたします。

溶接は、材料の一部を溶接機により、溶融または、圧着して接合する加工方法で、あらゆる分野で使用されています。鉄骨や鉄筋などの建築物や機械、車など日常生活で出会う多くのものに溶接は使用され、現代には不可欠の技術といえるでしょう。この溶接にもいくつかの種類があります。

溶接は大別すると、融接、圧接、ろう付の3つの方法があります。融接は、接合部に溶融金属を生成または、供給して接合する方法です。圧接は接合部を加圧した状態で、ガスまたは、電流による加熱で局部的に溶融または、塑性変形を与えて接合する方法です。ろう付は接合される母材は全く溶融せずに別の金属(ろう材)が溶融して接合されます。

各種の溶接は大別すると下記のようになっています。

o_know_image1.gif

岡谷酸素株式会社

岡谷酸素株式会社
長野県岡谷市幸町6番6号

ガス供給、溶接、プロパンガス供給について、ご質問・ご相談を承ります。その他当社のサービスについてのお問い合わせや当社に対するご意見などお気軽にお寄せください。

平成29年 営業日カレンダー

*赤字は休日になります。

<6月>

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

年間カレンダーはこちら

▲このページの先頭に戻る