ホーム > 目的別ガイド > 太陽光発電システム > 住宅用太陽光発電の仕組み

住宅用太陽光発電の仕組み

  1. 1、太陽の「光」を受けて【太陽電池モジュール】が直流の電気を起こします。(発電)
  2. 2、【接続箱】で屋根から下りて来るたくさんのケーブルをまとめます。
  3. 3、【パワーコンディショナー】がモジュールで作った直流の電気を住宅で使える交流の電気に整えます。
  4. 4、パワーコンディショナーで整えた電気は【分電盤】で住宅の電灯回路に接続され、電力会社の電気よりも優先して自宅で使われます。(自家消費)
  5. 5、作って使ってなお余った電気は、売電用のメーターを通って電柱へと逆流していきます。(売電)
pv-image4.jpg



pv-image5.jpg昼間に発電して余った電気は電力会社に売ることができます。
また、発電できない夜間などには逆に電力会社から電気を購入します。
これらの切り替えは自動的に行いますので手間もかからず安心です。
売る電気の価格は年度ごとに検討・変更される事がありますので、【補助金・売電について】のページをご確認下さい。

岡谷酸素株式会社

岡谷酸素株式会社
長野県岡谷市幸町6番6号

ガス供給、溶接、プロパンガス供給について、ご質問・ご相談を承ります。その他当社のサービスについてのお問い合わせや当社に対するご意見などお気軽にお寄せください。

平成29年 営業日カレンダー

*赤字は休日になります。

<10月>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

年間カレンダーはこちら

▲このページの先頭に戻る