ホーム > 目的別ガイド > 省エネ・環境サービスのご紹介 > 燃料電池 ~エネファーム~

燃料電池 ~エネファーム~

エネファームのしくみ

燃料電池とは?.jpg 右下の図はエネファームの仕組みです。原料のうち、酸素は空気を使いますが、水素は空気中にはありません。なので、都市ガスやLPガスといった燃料を燃料処理装置(改質器)に通して水素を取り出しています。酸素と水素が揃った所で、両方をPEFCスタック(固形高分子形燃料電池)に入れると、そこで電気と熱が取り出せます。発電する電気は直流ですのでインバーターを通し交流に変換して使用します。燃料処理装置とスタックから発する熱を使ってお湯をつくり、タンクに貯めます。お湯はお風呂などの給湯の他、暖房用の熱源としても使用されます。この仕組みにより、エネルギー利用率は70~80%に達します。発電所からの電気が35~40%なのと比べるとその差は歴然ですね。CO2については油炊きボイラーと比べると年間のCO2削減量は約1.2t。約2,200㎡の森林が一年間に吸収するCO2量に相当します。 エネファームに使われている燃料電池はPEFC「固形高分子形燃料電池」です。PEFCは運転温度が低く(80~90度)、運転停止後の再始動が早い特徴があります。常に運転している燃料電池発電所と違い、エネファームはお湯を作りながら発電する為、お湯のタンクが満タンになると停止します。一日の内で運転したり停止したりを繰り返しますので、再始動が早いPEFCはエネファームに向いていると言えますね。エネファームの仕組み.jpg万が一、タンクのお湯が足りなくなった時はバックアップの熱源機(ガス給湯器)が足りない分を即時補いますので、お湯切れで困ることはありません。 また、エネファームで作られる電気は最大750W、年間で自宅の電気量の1/3から1/2を賄えます。(お湯の消費量等によって運転時間が変わります)エネファームは節電を目的の一つとして開発された製品の為、作った電気は全て家庭で消費する事になります(エネファーム単独で売電はできません)。 現在では、更に発電効率の良いSOFC(固体酸化物形燃料電池)の設置も進んでいます。

岡谷酸素株式会社

岡谷酸素株式会社
長野県岡谷市幸町6番6号

ガス供給、溶接、プロパンガス供給について、ご質問・ご相談を承ります。その他当社のサービスについてのお問い合わせや当社に対するご意見などお気軽にお寄せください。

平成29年 営業日カレンダー

*赤字は休日になります。

<4月>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

年間カレンダーはこちら

▲このページの先頭に戻る