省エネ・創エネ

見なおして、かえる、省エネルギー。
つくって、ためるエネルギー。

省エネ機器でエネルギー削減

空調機器をかえる

最新GHPへの更新で、燃料使用量を減らす
10年前のGHP(ガスヒートポンプエアコン)に比べ、最新型は電気・燃料消費量が半分以下です。またマルチ運転やセンサー機能が向上し、使い勝手も快適!さらに、発電機能付きや停電時自立運転可能の機種もラインナップされ魅力的!

EHPをGHPに更新して契約電気量を減らす
EHP(電気式ヒートポンプエアコン)をGHPに更新すると、電気使用量を1/10に低減できます。空調による夏冬の電力ピークを低減し、基本料金が大幅に下がります。
GHPは構造上ガスエンジン排熱を有効利用するため、EHPと違い霜取り運転がほとんどなく、快適な暖房を実現します。

照明(水銀灯)をかえる

LED照明に替えて、消費電力を1/4に減らす
工場など高い天井の建物で使用されている水銀灯。
これをLEDにすることで、400W相当のものは消費電力が1/4の約90Wになります。高価と思われがちですが、点灯時間が1日10時間、週5日程度なら、2~3年で工事費を含めた更新費用の元が取れるので、早めの更新がお得です。照明の消費電力削減は、デマンド低減にも有効です。

照明選びの失敗を減らす
LED照明は、熱対策と照射角がポイントです。
工場の天井は高温になりやすく、熱が苦手なLEDには不向きな環境。熱対策が不十分だと寿命がとても短くなることも。また、照射角が狭いと真下だけが明るい空間になってしまいます。水銀灯より光が広がるものを選びましょう。

エアー供給設備をかえる

設備を見直してムダを減らす
何気なく使用しているエアー。窒素ガスや酸素ガスと違い原料0円!と気兼ねなく使っていませんか?エアーを作りだすにはお金がかかります。エアー供給設備の改善は、もっとも取り組みやすく、効果的な省エネ活動です。

<代表的な改善策>
・インバータ回転制御コンプレッサーにかえる!
・複数台の場合は、台数制御運転にかえる!
を活用して全体設定圧力を下げる!
・漏れを見つけて止める!
・配管のループ化で圧力損失を下げる!
・吸気温度を下げて圧縮効率を上げる!

油からガスへ燃料をかえる

機器更新で燃料使用量を減らす
古い油焚きボイラは燃焼効率が大きく低下しています。
高効率なガス焚きボイラに更新するだけで燃焼効率は向上します。さらにガス燃料は油燃料より燃焼性に優れるため、燃料使用量のさらなる低減が期待できます。

クリーンなガスで環境負荷を減らす
ガスは燃焼時のCO2排出量が少なく、不純物が少ないため大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)等の排出量も微量。また、燃焼不足によるススの発生もほとんど無いため、機器への負担が少なくメンテナンスが軽減します。排気がクリーンでボイラ室の臭いも気にならず、音も静かです。

地下タンクをやめて、油漏洩リスクを減らす
油の地下タンクは、設置後40年経過すると内部コーティングや電気防食などの漏洩防止措置が法律により義務付けられます。油の漏洩事故は周辺への影響が大きいため、注意が必要です。

油の地下タンクは、設置後40年経過すると内部コーティングや電気防食などの漏洩防止措置が法律により義務付けられます。油の漏洩事故は周辺への影響が大きいため、注意が必要です。

窓・屋根・壁をかえる

断熱性能を高め、熱の出入りを減らす
熱の出入りが大きいのは主に窓で、屋根や壁からも一定量出入りしています。それらの断熱性を高める事により、空調負荷の軽減ができます。たとえば、窓を二重サッシやペアガラスにかえる、外壁の外断熱化、屋根には遮熱塗装の塗布や太陽光パネルの設置。その他、熱交換換気システムの導入やカーテン、ブラインドの設置などが挙げられます。

太陽光発電システムと燃料電池で創エネ+ガスで発電

太陽光発電システム
太陽光発電システムで空いている屋根や遊休地を有効活用し、クリーンなエネルギーを創ることができます。発電した電気を自家消費することで、エネルギーコストの削減も行えます。

ガス コ・ジェネレーションシステム
コ・ジェネレーションシステムは、環境負荷の低いガスエンジンで発電し、その際発生する熱を給湯や冷暖房に有効利用します。電力のピークカットや、エネルギーコスト削減にひと役かってくれるシステムです。

燃料電池
燃料電池は、水素と酸素の化学反応で発電します。
最近では家庭用燃料電池「エネファーム」の普及が拡大してきました。CO2を排出しないクリーンな発電システムとして注目されています。

ガス発電機
LPガスを使用して発電する発電機の取り扱いもございます。

蓄電池とバルクで蓄エネ!災害にも強い仕組みづくり!

蓄電池
蓄電池に貯めた深夜電力を日中に使う事でピークカットが行え、また、安い深夜電力を日中に利用する事でコストカットが行えます。停電時には最低限の電源として使用できます。加えて、太陽光で発電した電気を貯める事もできます。
蓄電容量については、お客様のご要望に合わせてご提案いたします。
また、蓄電池導入には補助金制度もあります。

LPガスバルク貯槽
LPガス貯槽は多くのLPガスを貯蔵できます。
岡谷酸素では、LPガスの残量監視を行っており、常に40%程度の在庫を確保できるようにしています。
災害対応型は大型コンロ等の消費設備をセットにしたもので、ライフラインが寸断された状況においても、LPガスを使用することができます。
災害発生直後、外部からの支援が期待できない3日間程度をいかにして乗り切るかという重要な課題への一つの対策となります。

環境・省エネ分野 取り扱いメーカー

太陽光発電システム関連

長州産業(株) 三菱電機 シャープ ソーラーフロンティア パナソニック ノーリツ 京セラ エコめがね

空調関連(GHP、EHPなど)

ダイキン工業(株) アイシン精機(株) パナソニック ヤンマー

燃料電池関連

ENEOSグローブ(株)

※その他のメーカーも多数扱っております。詳しくは、岡谷酸素へお問合せください。

高圧ガス溶接医療電気省エネ・創エネ家電取扱商品電力業務用LP法律についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お近くの営業所を探すお問い合わせフォーム

岡谷酸素が選ばれる理由

  1. 対応力

    私たちは、地域の生活を支える会社として
    お客様のあらゆるご要望に耳を傾け
    すばやく対応することを大切にしています。

  2. 暮らしをフルサポート

    ガス以外にも、電気、太陽光、リフォームなど
    地域に密着したサービスを展開しており、
    地域を支える企業として暮らしをサポートしています。

  3. 安心・安全

    長年地域インフラを支えてこれたのは、
    安心・安全を第一に考えているから。
    高い技術を持った多くの資格取得者が
    在籍しています。